no image

分断された今

昨日から夏休みに入ったのですが、コロナパンデミックのおかげであんまりやることがないので、コラムじみたモノを毎日書いてみることに決めました。普段書いているモノとコラムの違いは実はあまりよく分かっていないのですが、まぁ書き始めてみます。===コロナパンデミックによってオイラたちの生活は変化を余儀なくされました。文字通り「どこにも行けなくなった」わけです。仕事も家でやる。遊びも家でやる。

no image

メタファーはあくまでメタファー

オイラは、自分の中にある野性と理性を、「巨獣と乗り手」というメタファーで捉えています。野生が巨獣で、理性がその乗り手、ですね。巨獣なので、乗り手が力づくで制御することはできません。荒れ狂う巨獣を抑えつけようとしてもあっさり振り回されてしまうでしょう。習性をちゃんと理解して、うまく手なずけてあげないといけないわけです。一方で、乗り手が単体で出せる馬力なんてさほど当てになりません。なので、真に

no image

ヒトが人間になるために

オイラは基本的に女性は大切に扱いたい人間です。と言っても自身をフェミニストと呼ぶほど、自分に正義があるとは思っていません。ただ、「女性には紳士的に振る舞ったほうがかっくいいよね」という価値観なだけです。それを一貫しているだけです。(まぁそもそも誰に対しても紳士的に振る舞った方がかっくいいので、そこまで男女という区別は持っていませんが。。女性にも男性にもドアをあけますしね。。)ただ一方で

no image

進撃の巨人、最終巻での、すごく好きな会話

「進撃の巨人」が完結しましたね。先に言っておきますが、この記事は進撃の巨人のネタバレを盛大に含むので、まだ読んでいない人は早く読んでください。いいですか?さて。進撃の巨人が完結しましたね。おそらく世間では色々言われているとおもうのですが、オイラ個人的にはものすごく好きな終わり方でした。それを語ります。====オイラが何よりも良いな、と思ったのが「ジークとアルミンの会

no image

モンスターハンター・ライズの勇気ある決断

モンスターハンターシリーズの新作・「モンスターハンター・ライズ」を買ってプレイしているので、そのハナシをします。====モンスターハンター・ライズは、2021年にNintendo Switchで発売されたモンハンシリーズの新作です。前作・モンハンワールドで、モンハンは大きく生まれ変わりました。ずっとPS2時代準拠だったグラフィックが超美麗に生まれ変わったほか、様々なシステムが見直されま

no image

インスタントな世界

最近思っていることをダラダラ書いていきます。====オイラは最近、「インスタントな世界」に少し辟易しています。インスタントな世界とは、確実においしいところだけを食べようとする世界です。エンターテイメント業界では特に顕著なのですけど、たとえば新しい音楽を探したり、新しいお店を探したりする時、「レビューを見る」とか「SNSで評判を見る」とかが日常的になりつつあります。多くの人が、「ハマるか

no image

憧れは理解から最も遠い感情

「憧れは理解から最も遠い感情」というハナシをします。この言葉は漫画「BLEACH」で出た言葉です。オイラはBLEACHから結構いろんな教訓を得ている気がします。この言葉もその1つですね。====何か、誰かを理解しようとするとき、そこには一定の冷静さ、客観性が必要になります。何かの感情に囚われてしまうと、理解することは困難になるのですね。たとえば「憧れ」や「好き」などの肯定的な感情。

no image

これからを少し考える 2020 ver.

年末は1年を振り返ったので、年始は今後についてちょっと話します。年末記事はこちら: https://iorin0225.com/blog/?p=3615====今現在、オイラは少し人生の転換期に来ているな、という実感がありまして。というのも、オイラが「エンジニア」として歩いてきた道はこ

no image

2020年を振り返る。

2020年もそろそろ終わるので、今年一年を振り返ってみます。====2020年はなんといっても、「コロナウィルス」ですね。世界的なパンデミックが起こったせいで、ほとんどの人たちが変化を余儀なくされました。ただ、オイラに関しては、コロナウィルスが原因で人生がいくらか好転しました。日本で感染が広がった頃、オイラが所属している会社ではほぼ全社員に対して「リモートワーク」が命じられました。

no image

センスとは「量」から来る、という話の深掘り

今日は「センス」についてちょっと深掘りしてみます。====最近、オイラはよく「センス」という言葉を使います。人によって解釈が曖昧なので注意して使う必要がある言葉です。(それこそセンスが悪い人が使っていい言葉じゃないです。)センスとは「良し悪しを嗅ぎ分ける感覚」です。まぁ「センサー」の語源くらいだと思ってください。「センスが良い」とは、「良いもの・悪いものを判断する感覚が鋭い」ということ

no image

DX(デジタルトランスフォーメーション)という単語はあまり使わないほうがいい

最近何かと「DX」という単語を聞くことが増えました。デジタルトランスフォーメーションの略とのことなのですが。オイラ個人的には、「DXという単語に大した意味はない」と思っています。今日はそんなハナシをします。(余談ですが、オイラはてっきり「Developing Expeience」の略だと勘違いしていました。全然違いました。)===まず、デジタルトランスフォーメーションとは何なのか。

no image

オイラの人生は3PTシュートを撃ち続けているようなモノです

「オイラの人生は3Pシュートを撃ち続けているようなモノです。」というフレーズを思いついたので、これにこじつけてみます。3Pシュート(スリー・ポイント・シュート)とは、バスケットボールの世界におけるシュートの種類で、「通常2点のところ、一定距離以上から撃つことで1点ボーナスで3点入るシュート」です。なお、以下は全部こじつけなので、真っ当に受け止めないでください。===オイラは今、割と

no image

ファン商売が強すぎる時代

「今のオイラがサービスを広めるなら何をするだろうなあ」というハナシをします。何かサービスや商品を広めたいとき。一昔前には、「SNSを使う」というのがむちゃくちゃ強かったです。一時期のFacebookが覇権を取ろうとしていた(あるいは今も席巻している)市場はまさに「SNS上での宣伝」です。2010年代は、広告担当・マーケティング担当はこぞってFacebook、Twitter、

no image

システム業界にはディレクターが不足している(気がする)

「システムエンジニア業界にはディレクターがいない」というハナシをします。「ディレクター」とは、書いて字の如く、「ディレクションをする人」です。では「ディレクション」ってのは何でしょうか。これもまた曖昧な言葉なので明確に定義すると。オイラはディレクションを、「自分が正しいと思う方向へ導くこと」だと思っています。そのためのしごととして「仕様の決定」と「制作現場の統括」の2つ

no image

映画「劇場」を観た。オイラ個人的にはすごい好きだけど評価はバッサリ分かれそうですね。

「劇場」という映画を観ました。又吉さんの小説が原作らしいです。コロナウィルスの影響を受けて、映画館公開と同時にAmazon Primeビデオでも公開された映画です。この映画が個人的にむちゃくちゃ面白かったので、それについて書きます。以下、ネタバレも含むと思うのでお気をつけて。多分、読む前に映画見た方がいいと思います。https://youtu.be/PJ3RKuybYzU

no image

「導きの地」によって狩りのリアリティが増したモンハンワールド

大人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」の最新作、「モンスターハンターワールド・アイスボーン」には、新要素・あるいはやり込み要素として「導きの地」というものが導入されています。オイラはモンスターハンターには昔から興味を持っていました。最初にガッツリハマったのは、「モンスターハンター・ポータブル2nd」からですが、実はゲーム自体は初代「モンスターハンター」から手を出していま

no image

JUMP FORCEのどこが「思ったほどではなかった」か

最近、「JUMP FORCE」というゲームを買いました。JUMP FORCEは、週刊少年ジャンプが創刊50周年を記念して開発されたゲームです。少年ジャンプは度々、こーいうお祭りゲームを出していますね。ルフィや悟空、ナルトなど、漫画界の頂点たちが集結したテレビゲーム。本作「JUMP FORCE」のテーマは「現実世界とジャンプ世界の融合」です。上述したジャンプ漫画のキャラクターたちが、現実

no image

デザインとアートの違い

最近、なぜか「アートとデザインとの違いは何か?」という質問を何人かからされたので、ここにオイラの見解を書こうと思います。あくまでオイラの主観です。一言で言えば、「デザインは課題解決で、アートは自己表現」だとオイラは考えています。デザインをしているならば、そこには解決したい課題や問題というものが存在するはず、ということです。そして、アプローチしている対象が課題ではなくて表

no image

ツッコミはフレーズじゃなくて言い方だよ、ってことを書きます。

オイラは「ボケ」か「ツッコミ」かでいうと、完全に「ツッコミ」の人間です。奈良県出身のオイラですが、大阪にある高校に通い始めたとき、周りが面白い人たちばかりで、「これはオイラもトークを磨かなければいけない」と思いました。元々お笑いが大好きでしたが、高校からは意識的に「見て盗む」というのを実践していました。別にお笑いを目指したわけでもないですし、偉そうなことを言えないのですが、オイラが「ツッコ

no image

努力なんてしないに越したことはない

「努力なんてしなくていいならしないほうがいいよね」というハナシをします。まずはじめに「努力」について定義します。この記事内では、努力を「やりたくないけど、目的のために頑張ること」とします。要するに「やりたいこと」「やってて楽しいこと」は、この記事内では努力に含めません。「鍛錬」とかそーいう書き方をします。よしなに。オイラは、「努力しなくても幸せに生きられるなら、それが一