たとえ失っても「ま、いっか」で済ませられるものは何ですか、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。今は熱海の温泉宿で優雅にキーボードを叩いています。温泉最高だね。

〜〜〜〜

私は基本的に、「失って困るモノなんて、ほとんどない」と考えています。

失ったときに「ま、いっか」で済ませられるものと、済ませられないものがあると思いますが、私は「ほとんどのことは、“ま、いっか”で済ませられるなぁ」と思っています。

皆さんも考えてみてください。色んなモノに対して、「これを失ったとき、“ま、いっか”で済ませられるかなぁ」と。一般論じゃなくて、あなたがどう感じるかです。

コレをよく考えもせずに「私の所有物や周りの環境すべて、失いたくない。」と考えている人はとても危ない。ほんのちょっぴりのリスクすらとることができなくなってしまう。こうなると、人生が面白くなくなっちゃいます。希望が見えても飛びつけなくなり、フットワークが鈍くなり、どん詰まりになる危険がある。

人生におけるリスク管理のスタート地点は、「自分は何を失ったら本当に困るのか」「自分はどれだったら、失ってもまぁ我慢できるのか」というリスク評価にあるんだと思うよ。

〜〜〜〜

さて。皆さんにとって、「失くしたときに“ま、いっか”じゃ済ませられないもの」はなんですか?

ちょっときっかけを与えるために色んな例を列挙します。モノの場合は火事で全焼とか。生命の場合は、絶交とか、海外へ引っ越すとかでいいです。それぞれ、“ま、いっか”かどうかを考えてみてください。

あと「私、アレもコレも大切に思っていないんだ、イヤになっちゃう」とか思わないでくださいね。「失わないように大切に扱うかどうか」と「失ったときにどのように受け止めるか」っていうのは別問題です。

お気に入りの筆箱。
歯ブラシやシャンプー。
サイフの中の千円札。
テレビゲームのセーブデータ。
お洒落な椅子。
漫画のコレクション。
冷蔵庫や洗濯機はどーかな。
高かったカメラ?
クローゼットの中身。
自転車。
バイク。
パソコン。

車。
親友ひとり。
嫌いな先輩。
好きな先輩。
隣人。
恋人。
親や家族。
いつも行くカフェの店員さん。
今の住居。
部活やサークル。
会社や学校。
結婚。
日本(or祖国)の居住権。
健康。
幸せ。

皆さんにとって、どれだったら失っても“ま、いっか”で済ませられる?

〜〜〜〜

こう考えたとき、私はほとんどの「モノ」に対しては、「ま、いっか」で済ませられるんだよね。

失ってもノーダメージってわけじゃないし失いたくないけど、例えば不慮の事故で今の住居が火事になっても、私は“ま、いっか。次の家どーすっかなー”って考え出せる。

最近買った自転車も、勿論大切に扱うけど、例えば不慮の事故でハンドルがとれちゃったり、車輪が外れちゃっても「うーん…ま、いっか」って思えます。日本における居住権も、それ自体は失ったとして「ま、良い機会だし海外行ってみよー」って考えられちゃう。

親や恋人、親友、先輩や後輩は失ったら“ま、いっか”では無理だよね。けれども、隣人は多分“ま、いっか”で済ませられちゃうんだよね(隣人と友達付き合いしてたら別)。カフェの店員さんとか実際いなくなることはあるけど、“ま、いっか”だよね。

私が詳細な計画も立てず会社を辞めたのは、“ま、いっか”って思えたから。もっと言えば、「幸せや健康を失うくらいなら、仕事を失うことなんて“ま、いっか”だ」と思ったから、だね。

〜〜〜〜

「どこまでを“ま、いっか”で済ませられるか」が自分の行動における制限の全てだと思ってもいい。失っても一切心を痛めないんじゃなく、「コレだったら、リスクとして出してもいいな」というモノの選択肢が多ければ、それだけ大胆な行動にも出られるからね。

逆に、「どれもこれも、“ま、いっか”じゃ済ませられない」って思っちゃう人は危ないね。今後、何かしら人生の転機だったりチャンスが目の前に転がり込んだときに、行動できない可能性が大きい。放っといても上手くいくような人生だったら問題ないんだろうけど、そうじゃなければ危ない。

若い人は多分、どこかで、“ま、いっか”ラインを下げておかないと、生き方がどんどん慎重になり、臆病になる。

〜〜〜〜

少なくとも私が“ま、いっか”ラインを大きく下げて考えられる理由は、「生きるために生きること」をある程度は受け止められるからだと思う。哲学的な話だけど、「国とか仕事だとか能力だとかは後からひっついた者で、人生における前提は“自分が生きていること”から始まる」と思っている。

だから、自分と、ほんっとーに大切なモノさえあれば、大抵のモノはなくなっても問題ないんだよね。「健康」とかは生き残ることに関わってくるから、それに比べれば仕事なんてなくしてもいーか。とね。

あとは、「夢が叶うならば、大抵のことは“ま、いっか”で済ませられる」というように、リスクの先にあるものが大きい場合に、“ま、いっか”ラインは下がることが多い。

みんなも、自分の“ま、いっかライン”はどこなのか。どういうときに“ま、いっか”ラインが下がるのかを把握しておくと、色々と人生がシンプルになると思うよ。

ばいびー☆

元々、丸裸で生まれた私たちに、失えないほど大事なモノなんてそんな多くない、と思ういおりん。

元々、丸裸で生まれた私たちに、失えないほど大事なモノなんてそんな多くない、と思ういおりん。