no-image

2年先へ

本日から、と書こうとしたら日付が変わっていました。
昨日、講義が開始しました。無事、朝9時から講義に参加することができました。

受講した講義の冒頭で、教員がおっしゃっていたオハナシが凄いグサリと来ました。
良い感じで危機感を持つことができました。

諸君らは、「大学院への進学」という道を選んでここにいる。
そのことを良く考えて、この2年間を過ごしてほしい。

諸君らの同期で社会人になった人らは、4月1日から社会人としてスタートしている。
つまり、彼等は、ここにいる諸君より2年も早く社会で経験を積んでいくということ。

それは間違いなくアドバンテージとなる。
諸君が社会人としてスタートするとき、彼等は2年分、先を走っている。
諸君は、彼等に追いつき、追いこさないといけない。

いわば大学院は、君らが社会人として走りぬくための基礎体力を養う場所。
2年先を走っている同期を追いこすための基礎体力をこの2年間でつけないといけない。

この2年間を重く受け止めてほしい。
最後の学生生活でもあるわけだから、必要以上に真面目に過ごさなくても良い。
だが、この2年間の重さを忘れずに過ごしてもらいたい。

以上の発言が、僕にはとても重く残りました。
講義早々、この話を聞けただけでも良かったなぁ、と思えるほど、
僕の中に危機感を刻み込んでくれました。

同期が社会人として歩んでいるということは、僕にとってかなりのプレッシャーです。
僕も将来、ほぼ間違いなく社会人になり、彼等と同じ土俵に立ちます。
そして土俵を立つ時、彼等は2年も先にいるんですよね。

2年という差はかなり大きいと僕は思っています。
僕自身、この2年間でかなり変化、成長したことを実感しています。
かなり成長している友人も見ています。

社会人になった彼等は、この2年間で間違いなくメキメキ成長するでしょう。
そこに追いつくためには、僕もだらだら学生生活を生きるわけにはいきません。

このプレッシャーの違いが、大学生と大学院生の一番大きな違いかもしれませんね。