モノを所有するということは、「廃棄コスト」も含んでいることを考えた方が良い、ってハナシ。

どもども、さすらいのいおりんでござい。

今、2年間住んでいた東京の家からちょいと神奈川よりに引っ越すための作業中です。自分自身が持っているモノの多さと、それを処分なりプレゼントなりする際の手間の多さにうんざり・・・。

神奈川のシェアハウスに引っ越す予定なんだけど、これを他人に話すと「自分自身の時間が無いのって辛くない?」と言われる。私が引っ越すのは4人部屋だと伝えるともっと驚かれる。

でも、逆に言えば1人暮らしって「誰かといたいときに誰もいないことがある」という辛さがあるよね。誰かとオハナシしたり一緒に遊んだりしたいときに、いちいち約束をして相手によったら店まで決めて…そこそこコストが高いよね。

シェアハウスだと、それは(多分)なくなるよね。

自分自身の時間なんて本当に毎日必要かな。そうじゃなくても、「ほぼ自分の時間」があれば大丈夫だと思う。本当に自分自身だけの時間が欲しかったら近くのビジネスホテルにでも泊まったらいーじゃん。1人旅に出てもいいよね。

〜〜〜〜

何より、「自分だけのモノを所有する」ということのコストが、私にとっては高すぎるんだよね。1人暮らしの「自分だけのモノが所有しやすい」という点は利点でもあり欠点でもあるよ。

小さいモノだったらいーけど、本棚とかソファとか冷蔵庫とかは、買うよりも捨てたり送ったりするほうがずーっと面倒。今の時代、捨てるのだってお金がかかるし、ゴミ分別とか廃品回収車手配とかを考えると、総合的なコストは捨てるときのほうが何倍も面倒。

家自体の引き払いだって面倒だった。「契約の更新」にお金がかかるのも謎だし、そのくせ自動更新だっていうのもホント面倒。「お金が払わなければ契約が切れる」じゃなくて、「契約は更新されるけど金が払われていないから違約金が発生する」ってホント意味が分からない 1

モノを所有するってことは、見えないコストがいっぱい潜んでいるんだよね。手放そうと思っても簡単には手放せなくなる。そうなると動きが鈍くなるんだよね。モノが多すぎるとそれで雁字搦めになっちゃう。

今後、モノを所有するときは、「それを手放すときのコスト」をしっかり考えないといけないね。

あと、私はもう1人暮らしをしないと思う。リスクが高すぎる。結婚しないにしても、シェアハウス暮らしとかを続けると思う。

〜〜〜〜

ってなところで、明日も引っ越し作業。そもそも、家から出るのに何日も作業が必要ってのが駄目だよね。ザック背負ってほなさいなら!って出来るくらい身軽になりたいね。

ではでは〜。

気合い入れたインテリアも廃棄コストは高いよね、とういおりん。

気合い入れたインテリアも廃棄コストは高いよね、とういおりん。

Notes:

  1. その点、新しく住む場所はとてもシンプルで簡単だった。