1つの仕事だけで生きていかないといけない理由なんてないよ、ってハナシ。

いおりんでござい〜。どーぞよろしく!

最近友人と仕事について話したんだけど、私は仕事を1つにする必要はないと思っている。それは私自身、やりたいことがいっぱいあるからなんだけどね。

こと仕事になると、「真面目に本気で人生の半分以上の時間を使ってバリバリやらなければいけない」と思われがちだけど、その高いハードルを下げてやれば、色んな道が開けると思うんだよね。

例えば、私はふわっと「農業したいなぁ」と思っている。こういうことをつぶやくと我先にと「それだけで生きていけると思うのか」と言われるんだけど、そもそも、それだけで生きていかないといけない理由なんてどこにもないんだよ。変に「それだけで生きていかないといけない」なーんて思っているから道が狭まる。

「農業体験」でGoogle検索すると結構な数の事業がヒットするんだから、同じようにふんわりと「農業したいなぁ」って人はいると思うんだよね。そういう人たちを集めれば、しっかりと農業できるんじゃないかな。例えば、「1月〜3月だけ農業します」とか、「来月いっぱいは農業します」とかね。そういう人をいっぱい呼べば、それはそれで農業が成り立つんじゃないの?と。

会社勤めの人でも、「ちょっとこの期間は農繁期なんで会社は休みます」とか「田植えあるんで、遠隔作業させてください」とかできるようになればいいと思うんだよねー。別に農業じゃなくても、「所属している塾が受験時期なんで、この日は午前勤務で」とかさ。そういう柔軟な働き方をすれば、人手不足とかは解消できるんじゃないかなー。

秋葉原とかの電車に乗ると、東京は完全に人数過多だよ。あの人の数をうまく回せれば、色んな産業の「人手不足」っていう部分が解消するんじゃないかなー。あんなに人間いるかね?って毎回思う。

別の仕事を色々することで、本来していた仕事にも新たな刺激が入ったり、「私がやっている農業と連携すればもっと事業が拡がりますよ」っていう提案もできるかもしれない。

「専業禁止」なんて企業もあるからこれからの時代にちょっと期待しているんだけど、やがては1人が人生のうちで何個も仕事を持てるようになればいいな、と思います。「今の仕事を辞めてカフェをはじめます!」なんて意気込んでいる人もいるけど、同時にやれればいいよね〜。

小さい工芸品に感動するいおりん。

小さい工芸品に感動するいおりん。