Stay Gold, Ponyboy.

将来についてすこし。

いよいよ12月にもなり、僕も就職活動を本格的に開始しました。

毎日、大量の就活に関するメールを受け取っているので、嫌でも就活モードになりました(笑)。逆にそれまでほとんど就活してなかったので、みんなよりも出遅れたスタートになっていると思います。

ここで、将来についてすこし。多分、長くなります(笑)。

僕は最近、色々な学生団体に顔を出し、色々なアツイ人たち、ぱわふるな人たちと接しています。

彼等は多種多様な人生を送っています。決して、「マトモな学生」ではない___というかほとんどそうじゃないですね。それでも、様々な角度で学生生活を全うし、みんな学生生活を楽しんでいます。

そんな彼等と接すると、僕もマトモな生き方とはズレた、面白い生き方をしてみたくなります。

僕は今までマトモに講義を受け、マトモに単位を取得し、マトモに研究活動をしてきました。そして今、マトモに就職活動をしようとしています。ウチの学科のステレオタイプだと思います。

希望職種もSE、SIerと呼ばれるようなところで、おおよそウチの学科、研究室に多く見られるモノです。ここに関して、僕は今までそんな冒険心は見せていません。

と、いうのも、僕の将来の夢が、平たく言えば「幸せな家庭」だからなのです。今、頑張って研究活動するのも、就職活動して将来、頑張って仕事をするのも、全てその「幸せな家庭」を得たいがためなのです。

大学2回生の頃、友人の女の子からこんな話を聞きました。

金があればいいってわけじゃないけど、
性格がどんなによくて、自分がどんなにその人にことを好きでも、
経済力がないなら結婚となると私は考えると思うよ。

もし相手がそんな人だったら、私なら結婚はしない。
ずっと恋人のまんまだね。
「結婚」とはそういうもん。

女の子は昔から、親にそう教え込まれて育っているんだよ。
「恋愛」と「結婚」は全然別。

経済力がないのにプロポーズなんてしたら、この人何言ってるの状態。笑

逆に言えば、女の子にとって結婚はそれだけ重要なのです。

恋人として付き合うなら、好きか嫌いかで話は終わる。
でも結婚するなら、そうはいかない。お金の話も絡む。

「この人と一緒に、将来暮らしていけるか」
「この人は、自分の子どもを養うことができるか」
とか考えないと行けない。

結婚する、ということは、自分の人生をその人に半分預けるということ。
好きとか愛しているとかじゃなく、生きていけるか。
そのための金をちゃんと稼いでくれるか。とかも考えなきゃ。

女の子は母にそんなことを教え込まれてるもんだよ。

ちょっと長くなったけど、こんなことを言われました。正直、その女の子が「結婚」ということをここまで考えているなんて思わなくて(笑)、当時は凄いビックリしました。「女の子ってかしこいなぁ」と思いましたね。

このことを聞いてから、僕は、「しっかりとお金を稼げないと、大好きな人を幸せにすることすらできない」と考えるようになりました。僕の安定志向はここに根ざしています。

当時から今にかけて、僕が一生懸命がんばっているのは全て、「好きな女の子に『好き』といえる自分」を確立したいからなのです。例えマトモな人生でありきたりでも、ちゃんと稼げないといけないんだ、と。こっぱずかしいヤツですね(笑)。

そして、それが揺らいでいます。

僕が最近接している「ぱわふるな人たち」の中には社会人の方々もおられます。大学の職員に代表されますね。

彼等は職を転々としたり、安定していなかったりします。しかしながら、持ち前のぱわふるさで自分の位置を確立し、楽しんで生きています。

そしてさらに、彼等はちゃんと「幸せな家庭」を持っています。ぱわふるに仕事して忙殺されているわけではなく、しっかり私生活も楽しく生きているのです。

「あれ?もしかして、アツく生きながら、しっかりと誰かを幸せにできるような、そんなおいしい道が実は存在している?」

僕は今、揺らいでいます。結構しっかりと見据えられていた将来像がくすみ始め、見えなくなってきています。別の生き方が、もっと楽しめる生き方があるんじゃないか、と。

僕はいつも気付くのが遅いですね。音楽好きもそうですし、今回も今になって気付きます。

就活を進めて行くうえで、また新しい道ができ上がれば面白いな、と思っています。なるだけ視野を広く、いろんな可能性を求めて就活を続けていきたいと思います。

どんだけフワフワしとんねん、と自分でも思いますが(笑)、僕の就活がどんな風に進んでいくか、お楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)