no-image

Best LOVE / Makihara Noriyuki

先日、僕は槇原敬之さんの20周年ベストアルバム「Best LOVE」を購入しました。

僕は中学時代からマッキーの唄が大好きでした。中学〜高校までは、声の高い男性の唄が好きだったようです。しかし、最近はコブクロやいきものがかり等を良く聞いていて、マッキーはとんと聞かなくなっていました。

しかし、たまたまCDショップで「3枚買うと15%オフ!」というセールがやっていたので、いきものがかり、絢香サンのベストアルバムと一緒に買いました。僕、こういうセールに凄い弱いんです(笑)。

マッキーは20周年のとき、ベストアルバムを「Best LOVE」と「Best LIFE」の2つを出しています。僕が買っていないほうの、「Best LIFE」にも、僕の大好きな曲である「遠く遠く」や「チキンライス」が入っていて悩んだのですが、「Best LOVE」を購入しました。

Best LOVEは、名前の通りラブソングがふんだんに盛り込まれているベストアルバムで、これからの季節にピッタリのアルバムです。僕に彼女がいればもっとピッタリだったんですが、そこは枕を涙で濡らすことにしておきましょう。

ラインナップは以下の通り。

  1. もう恋なんてしない ’08
  2. 冬がはじまるよ Renewed
  3. 君は僕の宝物 Renewed
  4. 北風 〜君にとどきますように〜
  5. No.1
  6. ズル休み
  7. 2つの願い
  8. SPY
  9. Hungry Spider
  10. 彼女の恋人 Renewed
  11. 赤いマフラー
  12. 素直
  13. 君の後ろ姿
  14. LOVE LETTER Renewed

やっぱり冬にあいますね。夜、歩きながらこれを聞いていると、凄い心に染みてきます。特に終盤、「赤いマフラー」〜「LOVE LETTER」までの流れが好きです。

最後にLOVE LETTERが来るのがまた良いですね。この曲、高校時代からずっと好きで、僕にとっては色々な思い出が呼び起こされる特別な曲なのです。

「赤いマフラー」から切なく攻めていって、最後の最後でそのLOVE LETTERが来るんだから、僕にとってはもう最高の流れですよ。

一年前の自分だったら若干、気持ちが落ちてしまうくらいの流れです(笑)。でも、そういう気持ちも含めて楽しめるくらいにはこの一年で成長できているようです。友人にも、「最近、地に足がしっかりついているお前が面白い」と言われました。

自分でも自覚できるほど、この一年で僕は面白くなったと思います。というか、前の自分はつまんなかったなー、と(笑)。まぁ毎年思っているんですけどね。