服は個人が持つんじゃなく、みんなで共有すればいいのに、ってハナシ。

へ〜い。いおりんだぜ〜い。今日もいっちょ、アイデア吐き出してみっか。

さて。

最近、なんで私は自分用の服を何着も持っているんだろう、と感じます。これらの服の大半が、使われていない時間のほうが長いんだよね。それがとても無駄だなぁ、と。

たとえば家に衣服が10着あるとするよね。そのうち1着を1日着るとしたら、9着は無駄になっているんだよ。9人分の服を、誰かに貸せる状態のまま殺しちゃっているんだよね。ホント無駄。

10人くらいで、30着くらいをシェアし回れば、それで十分だと思うんだよ。オシャレな着こなしも、30着くらいあれば一通りこなせる。

もっと言えば、ユニクロとかは、衣服レンタルサービスをしたらいいのに、と思っている。コスト面とかはよく分からないけど、月1万くらいでユニクロの好きな服を着れるようにすればいい。好きな店舗で、好きな服を1日1回借りられるようにさ。でっかい店舗なら、数百人規模でレンタルを扱えると思うよ。

利用者も、服を持ち歩かなくても旅行に行けるようになる。旅行者にとってこれほど大きいメリットはないよね。旅行者じゃなくても、家からクローゼットが消えると思えばサイコーじゃん。服に悩むんだったら、店員さんに聞いたり、マネキンと同じ服を借りればいい。

月1万、って言ったけど、グレードをいくつも用意すればもっと良いよね。安物だけのレッド会員と、ちょっと高いシルバー会員、何でも全部借りれるゴールド会員。そして、1日何回でも借りれるプラチナ会員、といった具合。

自分でこの服欲しい!って思っている人だけ、買えるようにすればいい。そうすれば、「普段はレッド会員だけど、この高めの服も着たいから、これは買うわネ」みたいな利用もできる。

別にユニクロだけじゃなくて、大規模展開しているブランドはみんなそうしたらいいと思う。旅行客は歓喜するよ。世界中に展開しているブランドの会員になれば、海外旅行すらハンドバックだけで行けるようになるかもしれない。

日本から海外に行くのに、でっかいバッグに服詰め込んで持っていっているって、バカみたいじゃない?「驚きの収納術!」とか言う前に、収納自体を不要にすればいいのにネ。

ビッグデータ云々とかもあったし、シェアハウスとか共有志向のサービスも増えてきているから、そろそろ衣服も共有する方向になるんじゃないかなー。

少なくとも、私自身がそういう生活をできるように、共有仲間、共有コミュニティを作っていきたいんよね。

スポーツウェアのレンタルはあるのにね、と思ういおりん。

スポーツウェアのレンタルはあるのにね、と思ういおりん。