いきなり「5年後のあなたは?」とか言われても弱る、ってハナシ。

毎度!今関西ひとり旅に出ています、いおりんです。しょぼい「水曜どうでしょう」みたいな感じで、明日の宿も決まっていないけどそれは明日探しま〜す。

 

さて。

私は長期的な計画を立てるのが苦手です。就職活動での「5年後のあなたは?」なんていう質問は答える気にならなかったし、夏休みの宿題を計画通り立てたことなんて一度もなかった。

それは、「私は緻密に計画を立てても、その通りになんてならない」と思っているからです。

大学時代に描いていた将来では、私はITの世界で実績を立てていくもんだと思っていたし、私がうつ病と診断されて休職してしまうなんて、全く予想していなかった。そんな予想外の出来事は人生で何度も起きてきた。だから、心のどこかで、「長期計画なんて立てて何になるの?」という気持ちがあるんだよね。

「努力し続けてきたのに」なんて言って死にたくないよね。

私が計画を立てるときは、まず始めに「○○がしたい」という目標、欲望がある。例えば、「私単独の収入で毎日暮らしていけるようになる!」という目標を立てる。その次に、「じゃあ何で稼ぐかな」「半年後にはこうなっとかないと駄目かな」とかを突き詰めていく。そういうやり方なら、計画は立てられる。

それでも5年後とかは無理なんだよね。価値がないと割り切っちゃう。5年後生きてるかもわかんない。極論を言えば、5分後に後ろからナイフで刺し殺されるかもしれない。そんなときに、「5年後のために努力し続けてきたのに…」なんて言って死にたくないよね。

ラオウは道半ばなわけですよ。

私は、たとえ明日死んでも、「我が人生に一片の悔いなし」と言える人生が送りたい。そのためには、”今”を楽しまないといけない。”今”を楽しみつつ、”未来”も楽しめるように努力する。

ラオウはすごいよね。ラオウは、ケンシロウとの決闘を経て「我が人生に一片の悔いなし!」と言いきるわけだけど、ラオウは決してケンシロウとの決闘のために生きてきたわけじゃないんだよね。「世紀末覇者」を目指していた、道半ばなわけですよ。

道半ばにも関わらず、「我が人生に一片の悔いなし」と心の底から言えるラオウは格好良すぎる。ラオウは「生き様」を貫いたからこそ、道半ばでも悔いは無かったんだよね。

今だって「まさに来ている」という価値がある。

だから私も、悔いない人生を送るために”今”も”将来”も、自分の生き様を貫けるように生きていきたい。

「今は辛くても、我慢すれば将来幸せになる」なんて生き方は御免なんだよね。将来のために努力はするけど、将来のために”今”を犠牲にしない。”将来”は「まだ来ていない」という価値がある、というけど、”今”だって「まさに来ている」という価値があるんだよ。”今”を蔑ろにしていいとは思えないんだよね。

「常に楽しめるような計画」しか立てないし、計画を立てても、「あっちのほうが楽しそう!」と思っちゃうとそっちに行っちゃうから、計画性がないんだよね。もっともらしく言っているけど、これ、駄目なとこだよね(笑)。
“今”を楽しんでいて、なおかつ計画を立てられる人間は素直に尊敬する。私の仲間に是非迎え入れたいよね。私一人じゃ、「事業計画」なんて立てられそうもない。計画性のある誰かと一緒に組み立てていかないと、多分破綻しちゃうからね。

と、いうことで計画性のある人募集中!ってね。いおりんでした♪

道はなく、楽しそうなほうに歩くだけのいおりん。

道はなく、楽しそうなほうに歩くだけのいおりん。