no-image

オイラの人生は3PTシュートを撃ち続けているようなモノです

「オイラの人生は3Pシュートを撃ち続けているようなモノです。」というフレーズを思いついたので、これにこじつけてみます。

3Pシュート(スリー・ポイント・シュート)とは、バスケットボールの世界におけるシュートの種類で、「通常2点のところ、一定距離以上から撃つことで1点ボーナスで3点入るシュート」です。

なお、以下は全部こじつけなので、真っ当に受け止めないでください。

===

オイラは今、割と不自由のない人生を生きさせていただいております。

ある程度の収入のある仕事をいただいていますし、残業もありません。良い家に住み、友達もいて、楽しく人生を生きております。

が、これはオイラが自力で勝ち得たモノだとは一切思っていません。恵まれすぎてます。ほんと、いろんな方々に感謝しています。

とはいえ、「全部誰かのおんぶにだっこ」と言うほど謙虚な人間でもありません。オイラ自身が決めた人生戦略によって引き寄せることができた未来ではあります。

そのオイラの人生戦略が、「3Pシュートを撃ち続ける」です。

===

基本どんな人間でも、人生において「シュートを撃つ瞬間」は何度も訪れます。受験、就活、転職、告白、結婚、離婚、などの一大イベントから、「今日なにして遊ぶか」まで、いろんな場面でシュートを撃っています。

で、オイラはこれらの場面でなるだけ「3Pシュート」・・・つまりは「もっとも点数が入る手」を狙います。

たとえば、オイラが今の会社に入ることができたのも、3PTシュートが入ったからです。前の会社を辞めて転職活動を始めたとき、「正直落とされるかもな」くらいのとこに応募してみたら、たまたまタイミング的に上手く入れて、今に至ります。

この3PTシュートが入らなければ、今の生活はしていません。手に入れるまで5年〜10年くらいかかったことでしょう。

細かいところでも、オイラは将来企画やディレクションをしたいので、こっそり勝手にやったり、上司(Vice President)に言ってみたりしています。身内用の機能設計の書類で、ディレクションをする時のような超わかりやすい資料を作ってみたりとか。

また、友達を飲みや遊びに誘ったりするのも、オイラにとっては「3PTシュート」です。断られるかもしれない、あるいは変に思われるかもしれなくても、シュートが入ればむっちゃ楽しい。それじゃあ撃つしかないでしょ、3PTシュート。

===

ただ、3PTシュートなので、入るかどうかわかりません。ハズレてしまって大変な目にあうこともあるし、素寒貧になりかねないです。

実際、オイラは一時期、この3PTシュートを外しつづけていました。良い仕事を見つけれなかったり、良い友人になれそうだと思っていたら裏切られていたり。数年前には「全財産マイナス(家賃滞納)」までなっていますし、こちらがいろんな人に迷惑をかけた期間もあります。下手したら死ぬんじゃねーかこいつ、みたいな時期もあります。

そして、3PTシュートは外し続けると、余計に入らなくなってしまうのですね。なぜなら、3PTシュートを入れるには「機会」があり、その機会を見逃さないためにはコンディション調整がいるからです。

例えば、生活が苦しい状態では3PTシュートが決められるような機会がなかなか訪れないため、3PTシュートを撃っても外れる一方です。3PTシュートを撃ちすぎると余裕がなくなってくるので、3PTシュートを撃つ前に、ちゃんと通常のシュートをコツコツ決めて生活に余裕を持たせる必要があります。

また、仕事などで鬱状態になっている場合、3PTシュートは狙ってはいけません。視野狭窄に陥っているので、ミスが多発します。健康を崩している状態でも、3PTシュートはなかなか入りません。ちゃんと視界を澄みわたらせ、体調を整えておかないと、3PTシュートを入れるのは難しいです。

機会がやってこない状態、コンディションが整っていない状態で3PTシュートを撃っても、99%外れます。そして、余計にコンディションが狂い、機会も離れていくのです。

===

ただ、3PTシュートを撃つのに一番大事なのは、「狙えるタイミングで普段から撃つこと」です。

多くの人は、3PTシュートをなかなか撃ちません。生活に不満がなければ、通常のシュートで満足するのですね。機会とコンディションを整えたところで、3PTシュートは外れる可能性が高いですから。「ハズレて0点になるより、いつものシュートで2点入れた方がいいよね」という思考が働くのは当然です。

そこで2点確実に入れ続けられるならいいですが、2点シュートだって外れる時は外れます。そして、2点シュートがハズレて危うくなったところで、3PTシュートを狙わざるを得なくなった時、普段から3PTシュートを撃っていない人は、機会を見誤ります。焦って3PTシュートを撃って外してしまい、ジリ貧になります。

つまるところ、3PTシュートが一番入りやすいタイミングって、通常のシュートがちゃんと決まっている時期なのですよね。

普段ちゃんとシュートを決めている状態から、3PTシュートを狙っておけば、3PTシュートが決まりやすいタイミングというのが掴めてきますし、そうすることで、3PTシュートがいい感じに入ってくると、人生はレベルアップしていきます。

3PTシュートを撃たない人の人生はよくて「そこそこ」、最悪「ジリ貧」です。

===

オイラはここ数年、3PTシュートが良い感じに入っているので、びっくりするくらいに生活が楽しくなっています。収入で言えば数年間で3倍くらいになっています(数年前が低すぎるのもありますが)。労働時間も、2割減くらいしているかと思います。

これくらい余裕があると、ちゃんと3PTシュートを撃てるので、今でも3PTシュートを撃ち続けることができています。もちろん、適度に外れてはいますが、撃ち続けられるうちに撃っておかないと、ジリ貧になってしまうので、撃てる時に撃てるタイミングでちゃんと3PTを狙っています。

次はディレクション職とフルリモート。狙っていきます。