no-image

31歳になったので雑文。

本日2020年2月25日、誕生日を迎えました。31歳になりました。

今の職場では「バースデー休暇」があって誕生日にお休みをいただけるのですが、やることないので「普段の休日」と同じように過ごしつつ、誕生日っぽいものを少しだけ探しております。

そこで、このブログで誕生日をテーマに何か書いてみようかなあ、と思った次第です。


31歳になったわけですが、正直な話、年齢に関してはそこまで感慨はないのですよね。主観的には24歳くらいの精神状態のままですし、別に「31歳でも独身だやべーー」とか焦るような性格でも時代でもございません。

ただ、客観的に「できなくなること」は増えるわけです。それを実感するのに一番いいのが「出会い系サイト」あるいは同類のアプリじゃないですかね。

数年前に勉強のために登録して、今でも登録自体は維持しているのですが、長く観察していると、傾向が見えてきます。

たとえば30歳になると、劇的に「いいね」や「あしあと」のようなモノが減ります。特に20代の方のモノは激減します。「20代」というところで1つのフィルタを入れている方が多いのだろうなあ。。というのが印象です。

また、年収帯があがると、「いいね」や「あしあと」は増えますが、それらは大体、「28歳くらい以上」です。推測ですが、「年収でフィルタをかけている人」は一定以上の年齢を越えた方々のみなのでしょう。

ちなみに大変心苦しいのですが、オイラ自体は「男だけお金を払って作る出会い」というのがとても歪な関係性に見えてしまう性格なので、ここから何かに繋げることはないかなあ。。と思います。女性が、ではなくてシステムとして、失礼でしょう。

「アプローチをかけてきた方がお金を払うことができる」とかそーいうシステムがあってもいいんじゃないかなあー、なんて見ています。女性からメッセージを送ってきたのに、それをオイラが見るにはお金を払わなきゃいけないなんて、合理性に欠けるなあ。。と感じるのです。


まぁ30代に入ると、親兄弟や友人たちとも「結婚」とかのハナシになることが増えてきます。が、オイラ自身は「そんなのわからん!知らん!」と思うております。

ただ、時折、致命的に気分が落ちる時があるので、そーいう時に遊んでくれたり、話してくれたりする方がいれば、とても助かるだろうなあ、と感じることはあります。

また、1人だと人生の幅の広がりに限界があるので、そーいうのをぶっ飛ばしてくれる方がいれば、人生も大きく広がるのになあ、なんて思います。1人だと人生の最適化が進みがちなのですよね。「今楽しんでいるコレが楽しいんだから、ソレで良くない?」と。


あ、でも近々、犬か猫か、動物と一緒に暮らそうと考えております。

実は30歳のうちに飼いたかったのですが。今住んでいるペット可の物件でいざ飼おうと思うと、「この部屋の間取りでは、犬や猫は飼えない」と気づいたのですよね。パソコンやらゲーム機やらでケーブルがあるので、もしそれらを噛みちぎろうとして感電死でもされようものなら、ショックで立ち直れないかもしれません。

今年中には引っ越して、1LDKや2DKなどの、「広めの部屋1つ」+「狭い寝室1つ」というよーな間取りで暮らそうと思っております。そこでケーブル類も全部スッキリさせて、ペットと暮らそうかなあーーと思っている次第です。

また、ペットが亡くなることによって訪れる孤独に立ち向かえる自信もないので、2匹以上のペットを飼おうかと思います。悪い言い方をすれば、「リスク分散をしよう」というわけです。大切な誰かを喪う体験は、1人じゃ耐えれそうにないので。

オイラは無類の動物好きなので、犬や猫を飼うと、いよいよ本格的に引きこもりになりそうで不安ではありますが。でも、飼わないからといって引きこもるときは引きこもるので、もういっかなーと。そう思っております。