no-image

Belief

最近、色々と迷っていたんですけど。それは、「信念」を失っていたからなのかなぁ、とふんわり思いました。

昨年、おそらく人生最大の大滑落があったんですよ。

今までの挫折って、挫折はしてるんですけど、どこかに救いがあったんですよね。

例えば、受験に失敗したときとか、喧嘩に負けたときとか、家出が失敗したときとか。何かしら、心は折られたんですけど、そこに何か救いがあったわけです。

受験で失敗しても、その先で勉強して見返せばいいし、喧嘩に負けたら、訓練したらいい。家出に失敗したときは、逆に親の温かみに気づくことができました。

何かしら、希望や、希望までの道のりがあったんですね。だから、それを信じて進めばそれで良かった。

それが、今回はもう、手詰まりなんですね。あかん、これどないしよ、と。信じて進む道がないんですよね。直結する道がない。

「私はどうやって生きていけばいいの?」状態だったんです。仕事は責任持ってしっかりこなしますが、それ以外の、生き様部分がまるでダメで。

これは、すなわち「信念」を失っているんだなぁ、と。信念部分をぶち壊されて、見失っているんだなぁ、と、ふと思いました。

今までの挫折では、言うて「信念」までは壊されていなかったんですよ。きっと。だから、割と辛いときでも、「なんとかなるさ」と思えたんです。道を照らす光をしっかり持ってた。

それが急に無くなったもんだから、右往左往して、いいものを見つけようと、どうにかしようと、足元に散らばった「信念のかけら」をひろいあつめようとしてんだなぁ。と。

とにかく今は、「ただ、かっこよく、粋(いき)に生きる」ってだけを信念にして、なんとか両足を踏ん張っています。