no-image

2nd

社会人、1年目が過ぎました。

去年のあの春の日、幸せと期待を胸に添えて東京に来て。スタートダッシュを切れたのかどうか、正直わかりません。

最初はとにかく、走り続けました。負けてたまるか、と走り続けました。自分の人生に疑問も持たず、走っていました。

夏に、大好きな彼女にフラれました。

青天の霹靂とは、まさにこのことでした。あんなに晴れ渡り澄み切っていた視界に、突如として暗雲が押し寄せ、雷が私を打ちのめしました。

正直、天狗となっていた私は、心底悔やみ、怒りさえこみ上げて来ました。「私は阿呆か」と。大好きな人に見放されるようなやつが、何を思い上がっているのか、と。

このバカチンが、と。

それからは、自分を見つめ直す毎日でした。「このままじゃダメだ」という、漠然とした暗雲だけが目の前に広がり、手探りで歩く毎日でした。

仕事だけはとにかく、必死でやりました。プロ意識だけは絶対に失わずに。今思えば、仕事がなければ、もっと悲惨なココロを抱えることになったと思います。

秋が過ぎたころ。

思いついたことは、呆れるほどにバカでした。「カッコつけよう」。

それからバカみたいに「かっこいいとは?」を考え続けました。所ジョージさんや、明石家さんまさんや、GACKTさんなど、かっこいいと思う人の価値観を、真似るようにしました。

その結果、「粋であれ、男たれ」が、信条として打ち立てられました。

「生き様」の面で、かっこよく、粋で、男らしくあり続けようと決めました。仕事もそうだし、それ以外の遊びでも、そう。

自分の中の「カッコイイ」を追い求めて、

冬も過ぎようとしていました。

夏に失った何かは戻らないけど、あの頃より持っていなかった何かが、今手の中にあるとは思います。

「カッコイイって、こういうことさ」と、紅の豚のようにカッコ続けていますが、あの夏よりかっこいい大人になれたかな。

バカには、なれた気がしますね。男はバカですからね。

そんなこんなで2年目が始まりました。

将来なんてわかりませんし、視界はまだ曇っていますが、明日は今よりも、男らしく、粋で、バカで、かっこつけて生きようと思います。