フリートークでおハナシ。〜オリンピック談話・女子バドミントン編〜

まいど、いおりんでござい。

今日はフリートークということで。まぁどーでも良い事を書こうかなと。それだけを決めて今キーボードを打鍵しております。何でもないようなことが幸せだって高橋ジョージさんも唄ってたしさ。

皆さん、オリンピック見てます?リオオリンピック2016。私、今まではあんまり見ていなかっただけれど、今年はある程度見て楽しんでいます。

私、スポーツ観戦は嫌いじゃなくて。魂のぶつかり合いみたいなのを見るのが好きなんだよね。サッカー、バスケ、バレー、卓球、バドミントン、テニス、エトセトラ……。ただ、マラソンとか野球は、あんまり見ないかなー。

で、今回楽しいのはバドミントンですよ。私、基本的にスポーツをしない人生を送ってきたんだけれど、もし何かしら体育会系の部活に入っていたとしたら、多分バドミントンを選んでいたと思うくらい、未経験ながら思い入れがあるんだけれど。

今回、まず女子バドミントン、ダブルスの松友、高橋ペアが熱い。この2人、2016年時点でなんと世界ランク一位。正直それまで知らなかったけれど、実際の試合を観てみると、決勝に行くまでのすべての試合で圧倒的なんだよね。

引用元: 時事ドットコム

左: 高橋礼華、右: 松友美佐紀
引用元: 時事ドットコム

唯一、準々決勝でのマレーシア戦のみ1ゲーム落としたんだけれど(2ゲーム先取ね)、それ以外は1ゲームも落とさずに決勝進出決めてる。ほとんどの試合を観ていたけど、王者感がすごかった。

決勝戦のデンマーク戦だけは、完全に互角というか。これまで闘ってきたどの国よりも強く、文句なしに「最強の敵」だった。今まで見せていた余裕がデンマーク戦にはなくて、むしろ追いかける側だった気がする。

1ゲーム目はほぼデンマーク側が優位に立ってた。でも2ゲーム目で完全にデンマークに対応してきて、日本優位で2ゲーム目を奪取。でも2ゲーム目の終わりあたりから、今度はデンマークが日本に対応してきて、3ゲーム目はもう、流れの奪い合い。

最終的には負けムードが流れたところから5ポイント連続で奪って金メダルに輝くんだけど、もう本当に手に汗握る試合だった。

〜〜〜〜

準々決勝でもそうだったんだけれど、高橋、松友ペアの強さって、松友さんの調子にめっちゃ左右されるなー、と。

高橋さんはね、すごい安定してるの。高橋さんが後衛、松友さんが前衛なんだけどね。高橋さんはすんげー安定した後衛見せるの。相手の揺さぶりへの対応力もすごいし、後衛からもガシガシ相手を揺さぶるし。安定してる。

でも、松友さんは調子の上がり下がりが結構ある気がした。相手に対策されたりプレッシャーかけられて後手に回ったりして、良い動きができない時——まぁそれも強いんだけどさ。そーいう時はペア全体が後手に回ることが多かった。

ただ、松友さんが調子良い時のペアの爆発力がハンパない気がする。読みが当たりまくるし揺さぶりかけまくるしスピード速いしコースも上手いし、見ながら何度も「強えぇぇ…」って言ってた。

松友さんにあれだけ速く攻められると相手も警戒してくるんだけど、そーなると高橋さんの攻撃への対応も甘くなるというか。高橋さんのショットは松友さんのとは違うから、多分松友さんと同じ感じで返そうとしても返らないんだな。きっと。

決勝ラストの5連続ポイントはその辺りが凝縮されてたんじゃねーかな。松友さんがエグイくらい攻めて、デンマークがそれに対応しようと気を張らしたら高橋さんに対応できなくなって……みたいな。

まぁここまで全部素人考えだけどさ。まー何にせよ、熱かったんだよ。バドミントンはやっぱおもろい。

〜〜〜〜

あと日本人じゃないけれど、バドミントン女子シングルスのプサルラ選手が超強かった。準決勝で日本の奥原さんを破ったんだけどさ。179cmの身長と長い手足、運動量と文句なし。プサルラさんの世界ランクは10位なんだけど、6位の奥原さんどころか2位の選手にも勝っていて本大会でノリノリ。実際めちゃんこ強かった。

そしてそのプサルラさんを倒した世界1位のマリンさん。奥原さんとの戦いでは全然崩れなかったプサルラさんをめっちゃ崩しまくってて、「これが世界1位か…」って気分になった。それでもプサルラさん1ゲームとっててすげーんだけどさ。

いやー……バドミントン楽しい。

〜〜〜〜

オリンピックの一競技のハナシで大分長くなっちった。あと何見たっけ。卓球ちらっと見た。石川佳純さんの初戦敗退はちょっと泣きそうだった。女子卓球団体のあの感じも泣きそうだった。

4年後には東京オリンピックだけれど、多分会場でLIVEで見に行く気がする。その時までフリーでいよう。フリーでいて五輪休暇を自分で作るんだ。いや会社員でもとれそうだけどな。

ばいびー☆

こーいう写真撮れたのはじめてかも。

こーいう写真撮れたのはじめてかも。