フリートークでおハナシ。〜誰かの犠牲の上に成り立つ労働〜

まいど、いおりんでござい。

最近、真面目な文章を書くとなんか文句っぽくなると言うか。不満を言ってるだけみたいになりがちなので、「これってブログとして公開すべきじゃないよなあ」と思ってヤめてしまうことが多い。建設的なハナシならまだしも、「おかしいでしょ!」って言うだけの文章はブログとかで公開すべきじゃない気がしてて。

私は誰かに対して「愚痴を言うな」とか「文句言うな」とかそーいうことは一切思わない。だって無茶でしょ。愚痴、文句、御託、言い訳、ってのは誰かに言うから価値が出るもんだと思ってて。生きてりゃ絶対不満は出てくるんだし。私はむしろ、愚痴も悪口も一切出てこない人間のほうが信用できない。それは「隠してる」ってことだから。

もちろん愚痴ばっかだと「こいつ愚痴ばっかやな」ってなるけれど、努力している人は努力している人なりの愚痴ってのがあるから、そーいうのは喜んで聞くし、健全だと思う。変に我慢して悶々とするよりはずーっとね。

でも、それをブログで書いていいかというとそーじゃなくって。愚痴じゃの何だのが価値が出るのは対面の場だけで、Web上では居場所はほぼないんじゃないかな。見てる人は「そんなん知らんがな」って思うだろうし。生きてる前提条件が違うからね。

〜〜〜〜

まーでも、ちょっとこれ吐き出さないと前に進まないからなるだけエンタメとなる形で話すけどね。

これが日本に限るハナシなのか、IT業界に限るのか、ITフリーランスに限るのかは知らんけれどね。基本的にIT業界の労働の仕組みは破綻してるんだよね。

私の知り合いもみんな大手企業に勤めてるけど、それでもいまいち楽しそうじゃない。やっぱり残業は当たり前だ。毎日辛そうにしている人もいるし、

「仕事って辛いもんだよ」みたいに言われてるけれど、私はそれがそもそも納得できない。勿論、目の前の困難が強過ぎて辛い、みたいなのはあるべきだし、それはすごい楽しいと思う。でも、大抵は「やること多すぎ人足らなすぎ予算なさすぎ」みたいなことが原因なんだよね。それってすんげーハードル低いじゃん。大学生の部活じゃねーんだから。

もちろん、限られた制限の中で創意工夫を重ねてなんとか乗り越える、って言うならそれは讃えるべきだけれど、実際は「作業時間を延ばす(=残業)」っていうアホみたいな解決法をとってるわけじゃん。そんなやり方やってて「社会は厳しい」ってもうおハナシにならない。正直私からしたらむしろ甘っちょろ過ぎるんだけど。もっと本気出して幸せ求めていけよ、って。まぁ仕組み考えてる権力者は幸せなのかもしれないけどさ。

〜〜〜〜

知り合いに聞いたんだけれど、「平均残業時間20時間!」とか言うてるIT業界トップクラスの企業が実際何やってるかって言うと、「一部の部署 and 人間に残業が集中してる」とか「ちょろまかしてる」とかだよ。「平均」っていう言葉にかまけて、ウソついてんの。IT企業序列で全国50位以内に入ってるよーな企業が。中にはTOP10入り果たしてる企業でも、そーゆーことやってんの。アホじゃん。もう。

こーいうこと言うと「甘いことを言うな。仕方ない」って言うけれどさ。こーいう誤魔化しがないとやっていけないシステムなら、もう既にそのシステムは破綻してんだよ。誰かの人生犠牲にして成り立つ業界が花形であってたまるかよ。

〜〜〜〜

私は今ITのフリーランスとしてやっているけれども、この立場にいたらいつまでも成功はしないなと感じるよね。だって、どっかの誰かが「強者が弱者から絞り取る」って仕組みを作ってるから。昔なら年功序列で自動的に強者側に入れたけど、それが崩れた今、弱者はいつまで経っても弱者だ。だから強者になるには努力するしかない。「いつかきっと出世する」は成り立たんわけです。

だから、ITフリーランスとして正規ルート行ってもどっかで朽ちるのが目に見えているので、別のルート狙わんといかんなと思うておる次第です。ITフリーランスの正規ルートって結局「受託開発」か「受託開発支援」なので、そこから外れないと生きていけない。今の受託開発ってそれ自体が強者が弱者から搾取する仕組みなのでね。

〜〜〜〜

とまぁ長々とツマランハナシをしてしまったね。まーたまにはこーいうハナシをして。また楽しいハナシをお届けしたいと思います。

ばいびー☆

那須サファリパークにて。このガッツは奈良公園の鹿をゆうに超える。

那須サファリパークにて。このガッツは奈良公園の鹿をゆうに超える。