The Effort is Wasted

君の瞳にキスしたい、いおりんです。最近、所ジョージさんが言ったという、「苦労とか努力っていう人はたぶん才能ないんだと思うよ」という言葉に改めて、所さんと私の人生観は合うなぁ。と思っています。元々、私がこう思っていたかというと違うんですよ?でも、そう言われて、スッと「あ、確かに」って思える、自分の中に入ってくるようなことを「合う」と。そう思います。

http://laugh-raku.com/archives/10414


そうなんだよね。「努力」とか思っている時点で、それはもう、「無理をしている」のと同じなんだよね。だから、どこかで歪みが生まれちゃう。努力をすればするほど、どこかに歪みが出ちゃう。それで継続が出来なくなっちゃう。それって、元々、継続させるだけの才能が無かったんだね、ってこと。

もちろん、「努力をしないで生きていけるほど甘くない」ってのも、至極当然なハナシ。でも、だからといって、「しゃーなしで努力する」という姿は、あまり私は望ましくないな〜ぁ、と思うんですよね。少なくとも、努力して得られる結果に大して夢がない場合は、努力するのは嫌だな〜って思うんです。

日本、とまで風呂敷は広げないですけど、少なくとも私の生きてきた道を思い返すと、「努力=尊い」とか「辛いのを耐えてやること=素晴らしい」みたいな人生観をたたき込まれていたな〜ぁ、って思います。そんで、私はそういうの嫌だったなぁ、って(笑)。思えば私っていつだって、やりたいことばっかやってきたんだな、って思います。好きな科目以外、テスト前の一夜漬けすらしなかったし。

どうせなら、「努力しないために努力する」っていう方向をちょっと見出そうと思います。私が努力と思えないことで付けている力って何かなぁ。まず唄だなぁ。あと写真も好き。構図とか考えて撮ることは楽しくて仕方ないな。そもそも散歩とか好きし。文章書くのも好きだぞ?「仕事がなければ、もっとできるのに!」とか思っているのも、十分候補になるよね。

そういえば私の価値観って、なんか分かんないけどみんなとズレているんで、生き様を上手く活用できたらいいよね。こーいうのをしばらく考えてみよう。今よりステキな生き方が見つかるかも?