フリートークでオハナシ。

まいど、いおりんでござい。ちょっと最近、持病 1が悪化して、夜あんまり眠れていません…。サプリ的なモノで体力を補強する有り様で、健康な肉体が欲しい今日この頃です。

そのため今日はちょっと頭が上手く動かないので、何も考えずにまた書き始めます。タイトルも「フリートーク。」ってことで。

〜〜〜〜

いやー、最近涼しくなってきたけれど、まだまだ日本は暑いねー。昼、太陽が照っているときはちょっと死にたくなっちゃうよね。私は今年、夏の気候が一層嫌いになっちゃいましたよ…。なんか酷いときは、外歩くだけで吐きそうになってた。世に言う「夏バテ」だね。

湿度も高過ぎるし、さっさと秋や冬になってほしーね。私、夏よりも冬のほうがずーーっと好き。冬って、まぁ寒いけど着込めばいいじゃん。でも夏って、裸になる以上の対策できないじゃん。出来ればずっと冷房の下にいたいけど、そーいうわけにもいかないでしょ?ほんと辛いよね、夏…。

そーいえば先日、1泊2日キャンプで山梨県・本栖湖にいったんだけど、あそこは涼しかった。日中もタープとかで日陰をつくれば涼しいし、夜はむしろ寒いくらい。テントの中にいれば温かくてちょうど良い感じ。さっさと「どこでも稼げる能力」を身につけて、夏はずっと避暑地で過ごせるようになりたいね。

本栖湖の湖畔。超涼しかった。

本栖湖の湖畔。超涼しかった。

〜〜〜〜

そーいえば鎌倉に来てそろそろ半年だけれど、新しい生活をすると、新しい弊害にも気付くよね。例えば「夏は空調がしっかり効く家か、風通しサイコーの家じゃないと生きていけない。」とかさ。「海は好きだけど、綺麗な海がいい」とかさ。

シェアハウスに住んでみたけど、こっちも同じ。私が住んでいるシェアハウスは複数のシェアハウスでコミュニティが出来ているんだけど、自分と全然違う人30人くらいと知り合いになれて、本当面白い。

だって、自己紹介しても、ほとんどの人に「エンジニアって何?」とか言われるんだよ?それまで属してきたコミュニティでそんなこと聞かれるの、親くらいだったもの。衝撃。世界が広がるよね。

シェアハウスはみんなにオススメしたいんだけど、私の友達で「住んでみたい」って人はゼロなのだ。みんな、「傍から見るには面白そうだけど、住むのはきっと無理」って思ってる。

多分、私が他人とのコミュニケーションに対して楽観的なんだと思う。私はシェアハウスに住んでもある程度自分が好きなように振る舞えるし、私は誰かをそう簡単に傷つけるような人間じゃないと私が知ってるから。その上でもし傷つけてしまったら、真摯に謝ればいい。

漫画「DEATH NOTE」の大好きな台詞に下記のようなものがある。

「犯人捜査なんて、まずは誰かを決めつけてかかり、間違っていたら『ごめんなさい』でいいんですよ

引用元: DEATH NOTE 第9巻

割といろんなことにこの法則はかかると思っていて、例えば「優しさ」なんてのも同じで。優しさも、まずは相手がこれをすれば喜ぶと決めつけてかかり、間違っていれば『ごめんなさい』でいい。

赤の他人と一緒に過ごすのだっておんなじだよ。「こうやって生活しても気にしないでしょ」って決めつけて生きればいい。それで向こうが怒ってきたら、「ごめんなさい」して、次から改めればいい、ってだけだと、私は考えている。

ある意味で私は、シェアハウスの同居人に気を使ってはいないんだろうね。「これは困りそうだな」「これなら喜ぶだろうな」って、決めつけて生きてるだけだからね。でも、それでいーと思ってる。

悩み癖のある人も、そーすればいーんじゃないかなー。どうせ人の心はわからないし、どんだけ気をつけても人を傷つけちゃう時はあるんだから。

〜〜〜〜

次に住むなら、沖縄に行きたいね。沖縄の伝統家屋に住みたい。今調べたけど、沖縄にシェアハウスってないんだよね…びっくり。人気の場所だし住んで見たい人も多そうだから、いっぱいあると思ったんだけど…。仕事が少ないのかな?

私のようなITエンジニアとか、他にも「どこでも仕事ができる人」が集まって、沖縄でシェアハウス運営すれば、もしかしたら面白いんじゃないかな。なーんてことをふわふわ考えて、また明日。

ばいびー♪

キャンプ最高。

キャンプ最高。

Notes:

  1. アトピーに加え、“むずむず脚症候群”を持っているのです。