iPod touch 第5世代 ストラップが根元から外れた事件

先日、iPod touchの第5世代を購入しました。カラーバリエーションやストラップが出てきた世代ですね。

この薄さと軽さは実物見てみないと分からないと思います。

Appleの公式Webページにありますが、とにかく薄くて、とにかく軽い。店頭で触ったときはびっくりしました。iPhoneの劣化版と揶揄されがちなiPod touchですが、「携帯性」という面ではiPhoneに確実に勝っているといえます。

“iPod touch loop”

さて、このiPod touch 第五世代(以後、iPod touch 5G)に新たに付属したストラップ「loop」。賛否両論があります。
簡易で不安。

とても簡単な作りにはなっていますが、僕の知人は「Appleはそんなことしなかった。残念」と言っていました。確かに今までは、これはサードパーティの仕事だったなぁ、と思うところもありますね。

まぁでもこのストラップも携帯性の向上に役立っているのです。

だがある日。

とれた。

ストラップ根こそぎぽろり事件発生。

これ、別に振り回していたとかそういうわけではなく、ただ持とうとしたら「ポロリ」ととれちゃったのです。

これは完全にAppleさん側の非であろう、と確信を持てたので、後日、心斎橋のApple Storeに行きました。

ちなみにApple Storeで故障関係について見てもらうには、「Genius Bar」というところで予約せねばなりません。予約しないと行っても駄目な場合があるので要注意です。特に遠方からのお越しの人は…

Apple Storeにてハーフのような顔立ちの方に対応してもらったところ、無事、新品と交換してもらいました。「このケースは初めてなので…」と仰っていました。まあこんなのが頻発してたらびっくりですが。

iCloudを使った復旧

せっかくなので、iCloud上のバックアップを使ってiPod touchを復旧することにしました。幸い、Apple Storeには「Apple Store」というフリー無線LANがあったので、そちらを利用しました。
選択すると、例のAppleのリンゴマークが表示された画面でしばらくロードしたあと、すぐに再開しました。割と数分程度で、見慣れたホーム画面が戻ってきました。
が。
さいしょから
こういうことか。
勿論配置とかもしっかり元通りだったのですが、いくつかのアプリは再度ログインしなければ駄目だったり、データがなかったりしました(僕はそういうのに寛容なので、気になりませんでしたが…)。
よく考えれば当たり前ですが、要するに最初から全部ダウンロードし直すので、めっちゃ時間かかります。Apple Storeの無線LANではしばらく居座らないといけないので、家に帰るなり何なりして、気長に待てる状態でないと厳しいと思います。