no-image

Talk In the Work

秋フェスタ開催中!いおりんです。東京は相変わらず、秋っぽさがないですね。紅葉がちりばめられ秋の虫の声が聞こえてくるのが秋だと思っていたんですが、台風くらいやん。東京ってもともと季節感ないんですが、秋が一番、季節感がないね。ハロウィンっぽさだけが出てきちゃう。

基本的にブログを書き始めるときは、周りを見ながら書いています。なんかネタないかなーぁ、って。実際に秋フェスタをやっているのは、東京ソラマチだよ。みんな来てね。私は仕事だけど。

今月は、週末や祝日に出勤し、平日のどこかに休みをとる、という働き方をしています。やっぱり、週末や祝日の方が、仕事がはかどるんだよね。これは大学時代からずっと思ってるし、ジェイソン・フリード氏がTEDや著書で言っていたことを、私は信じているんだけど。

これは過去記事にもあげたTEDですね。

氏曰く、職場には「強制的な妨害」と呼ばれるものがあり、これが効率を犠牲にしているんだそうです。「Manager And Meeting」です。これらによる「妨害」が、まとまった時間を切り崩しているため、作業効率を落としてしまっているっつってんだな、これが。

簡単に言えば、何度も何度も「進捗どんな感じ?」「これ、どうなってたっけ」とか言われて、それに対応していると、集中力削がれるってハナシ。

これが起きちゃう原因って、「直接話したほうがはかどると思う人」と「直接話すとはかどらないと思う人」が、同じところで仕事してるんだよね。これは仕事の種類で決まっていて、絶対的な正解はないんだけど、潜在的なところで「こっちのほうが基本的にいい」って思う人がいちゃう。効率を求めるんだったら、対面ってコスト高いから避けるべきなんだよね。

私も話すのは大好きなんだけどね。でもダラダラ仕事したくないし、話しだすんなら、面白い話がしたいじゃない。だから事務的な仕事の話はあまり好きじゃなくて、「そんな面白くないことはメールでいーよ、さっさと終わらせて面白い話しよーぜ」とか思っちゃうんよね。

理想は、面白い会話で成り立つ仕事だよね。誰だって面白い話がしたいでしょ?でもそーじゃない仕事が蔓延ってるから、こんな話が出てしまう。人間、青い空の幸せを感じれるはずなのに、なんで必死なんだろね。

ゴールが見えない!ほんじゃまた!ホンジャマカ!