WindowsLiveメッセがSkypeに統合されてなくなる件

SkypeでMicrosoftアカウントが使えるようになり、Windows Live Messengerが終了することに関して。不具合っぽい現象も見つけたので合わせて。

「メッセ」というジャンル

パソコンを使ったコミュニケーションツールとして「メッセ」というものがありますね。

Windows Live Messenger(旧MSN Messenger)に始まり、Yahoo!メッセンジャーや、中にはIPMessengerというちょっと特殊なものまで、多くのツールが存在しています。

FacebookやGoogle+などのSNSもメッセ機能を持っていますし、最近ではLINEが登場し、メッセ世界にも影響が出ていると思います。

Windows Live Messenger終了

僕は昔からWindows Live Messengerを、MSNメッセの時代から使っていました。初期ドメインである「hotmail.com」を持っていることが自慢になることもしばしば。

そのWindows Live Messengerが、なんと2013年の3月頃に終了することが判明しました。正確には、Skypeに吸収されることになります。

■関連記事: SkypeでWindows Live メッセンジャーの友達と話そう!

Microsoftが2011年にSkypeを買収しましたが、その結果として双方のメッセアプリがひとつ統合されるようです。先述の記事によると、MicrosoftアカウントとSkypeアカウントを紐付けすることで、統合が完了すると。

うちの研究室では常用されているWindows Live メッセですが、それが使えなくなります。そこで今回は、実際にSkypeアカウントとMicrosoftアカウントを統合してみた。

めっちゃ簡単だった。

やり方を説明します。最新のSkypeツール or Skype公式サイトに、Microsoftのアカウントでサインインできるボタンがあります。そこからサインインします。
Mac版ではありますが、右側に選択箇所が。

この画面でサインイン。
そうすると、あとは統合するSkypeアカウントを聞かれるので、そちらのアカウントとパスワードを入力すれば完了。以上です。簡単ですね。

不具合…?

すごく簡単に統合できたので、これからはSkypeだけを起動して過ごそうかなー、と思っていたのですが、不具合のようなものを発見。
表示されない人がいる。
なんと、Windows Live Messenger側から引き継いだアカウントの中に、表示されていない人が…!これは致命的です。
軽く調査してみたところ、どうやらWindows Live Messengerを、「Microsoftアカウント以外を使って利用している人」が、Skype側では表示されないようです。
多分、対処方法は、「SkypeアカウントかMicrosoftアカウントを新しく持とう」ということになりそうです。

もうちっと詳しく。

元々、Windows Live Messengerは、Microsoftアカウントを持っていなくても、携帯電話など別のメールアドレスを用いて利用することもできました。
しかしSkypeは勿論ですが専用アカウントを持っていないと利用できないサービスで、送受信も専用アカウント相手のみを想定して設計されているようです。

(フツーはそう作るもので、Windows Live側が特殊な気がします。)

そこらへんの仕様の違いをSkype側に統合したため、「専用アカウントを持たずにWindows Liveを利用しているユーザとはやりとりできない」という結果になったのでしょう。
そう考えると、元々イレギュラーなのが直った結果なので、Microsoft側でこの問題が対処されることはなさそうです。

(*あくまで僕の考えです。対処するかも。)

なので、新しく専用アカウントを作るしか対処できないかなぁ、というのが僕の感想です。