Stay Gold, Ponyboy.

色んなモノを一旦降ろして、「自分」を背負ってみなよ、ってハナシ。

私の大好きな漫画「GIANT KILLING」の35巻が出た。

GIANT KILLINGは私、いおりんの大好きなサッカー漫画。プロサッカーリーグの弱小チームが、元チームのエースを監督して迎え入れて、ジャイアントキリング(大物食い)を狙う、というストーリー。

主人公は監督。描くのは選手の成長じゃなく、クラブチームの成長。監督やコーチ、20人近い選手、広報や運営などのスタッフ、サポーター等々で構成された、クラブチームという組織がどのように成長するかの物語。

スポーツ漫画としての熱い展開がありつつ、組織成長物語として、「負けが続いて経営も落ち込んでいる中、どのように乗り切ったか」とか「王者が勢いのあるチームに追われながらも、圧倒的な覚悟を持って挑むハナシ」というような、NHKのドキュメンタリーでも見ているかのような展開もあり、非常に楽しませてもらっています。

関連: 漫画「GIANT KILLING」に学ぶ、楽しむことのパワーについてのハナシ。

〜〜〜〜

いおりんは今、「いおりん」以外は何も背負っていない。

多くの人たちは色んなものを背負っていると思う。会社に所属しているならば、会社を背負うよね。その規模によっては県を、学校を、関西を、日本を、背負っている人もいるかもしれない。また、種類はちょっと変わるけど、恋人や親、子どもなどの家族、一族を背負っている人もいるよね。生きているということは、色んなことを背負うことかもしれない。

ただ、その色んな背負っているモノに囲まれているせいで、「自分」を背負うことを蔑ろにしていないかな、と私は感じることが多い。

日本は昔から、「自己犠牲」が一種の美徳とされてきた。自分を犠牲にしてでも仲間を勝たせる。自分を犠牲にしてでも日本という国や、主君を前進させる。その様が美しいとされてきたよね。日本に生きている以上、「自分を犠牲にして仲間を勝利に導いた人の美談」というのは飽きるほど目にする。

でも、昔の時代の「自己犠牲」と、今、私らが見ている「自己犠牲」っていうのは、全然違うモノなんじゃないかな、と私は思う。そしてその違いは、「自分を背負っているか否か」というところなんじゃないかな。

〜〜〜〜

国を背負う人は、「私は国を代表している」「私が情けないことをすれば、国に対して失礼だ」と感じて、一挙手一投足に誇りを持って行動していると思う。「国のみんなの気持ちを背負って、代表して行動しているのだ」という自負。

要するに、自分を背負うってことは、「その行動は私自身を代表しているのか」「その行動は私に対して失礼じゃないか」というところを問うことだと思う。「私は、私自身の気持ちを背負って行動している」という自負や覚悟を持って生きること。それが、「自分を背負う」ということだと思う。

この覚悟を持っていない人が多いんじゃない?

かくいう私だって、自分を背負えていなくなったから、会社を辞めた。会社を背負う余り、自分自身の人生を生きる覚悟を蔑ろにしちゃってた。だから、一旦背負っている色んなものを降ろして、自分だけを背負って生きていくようにした。それがいおりんのフリーランス人生の始まりだね。

「自分のために生きる」って、すっげー覚悟がいることなんだよ。一筋縄じゃないんだよ。自分を蔑ろにしたほうが覚悟を決めなくてもいいからずっと楽。だけど、誰にだって自分を背負うことはできる。だから、まず「自分のために生きる。自分に嘘をつかず生きる」っていうところで覚悟を決めたらいいんじゃないかな。

色んなモノを背負うのもいいけど、それらは全部降ろしてもいいんだから。まず「自分」を背負ってみなよ、と。

〜〜〜〜

なんでこんな話をしたかと言うと、GIANT KILLINGを見て、「最近のこいつらは、みんな自分を背負った上でチームや国を背負っているなぁ」と感じたからです。

例えチームが勝っても、自分自身に対して失礼なプレーをしていたら全力で反省する。その上で「必ず“俺が”活躍してチームに勝利を導く」と覚悟してプレーをする。それが背負っているチームや国に対しても最高の応えになると信じているし、自分自身に対する応えにもなると信じている。超本気で、超真面目。

いおりんは、自分自身しか背負っていない。だから色んなことを割とチャランポランだけど、自分自身に対してだけは超真面目。一生懸命生きてるし、自分のために生きる覚悟は決めてる。そこだけはゆずらない、って決めたからね。覚悟と誇りを持ってる。

その上で、いつか私に余裕ができたら、その時、はじめて他の何かも背負える人間になろーかな。

ばいびー☆

関連: 漫画「GIANT KILLING」に学ぶ、楽しむことのパワーについてのハナシ。

この間イタリアンで描いてもらったいおりん。
この間イタリアンで描いてもらったいおりん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)