no-image

戦国: 北条家

<北条家>
後北条家とも言われますね.
戦国時代前半を代表する大名家です.

普通の人に北条家について聞くと,こちらではなく,
鎌倉幕府の執権として活躍したほうを思い浮かべるでしょう.執権北条氏ですね.
北条政子や時宗などのほうですね.歴史の教科書で習うのもこちらです.

執権北条氏が鎌倉時代に力を持っていたことは義務教育範囲内ですが,
実は将軍家である源氏や,有力な御家人を暗殺してその地位を得たことは
教科書では教えられていないのではないでしょうか.実はドロドロしてたんですね.

閑話休題.

さて,戦国大名のほうの北条氏の話をしましょう.
この北条氏は,戦国時代において,関東一帯を支配していた大名です.

難攻不落の小田原城に本拠をおき,上杉や武田,今川など,
戦国最強と呼ばれていた戦国大名から攻められつつも,それらを退けていました.
北条家も,戦国最強の一角です.

しかし北条氏政の代に,豊臣家が攻めてきます.
その頃になると,豊臣家は日本をほぼ支配してしまいました.
その豊臣家が,北条を攻めてきたのです.さすがに規模が違います.

北条 VS 豊臣,徳川,織田,前田,石田,長宗我部,上杉,真田(武田遺臣)

こんな感じです.兵力は,北条氏が5万で,豊臣連合軍が21万です.
戦の基本は「多数で以て少数を制す」と言われており,数の差がかなり影響します.

この小田原攻めで,栄華を誇った戦国大名北条家はなくなってしまいました.

○北条早雲(伊勢 盛時)
北条氏の祖,そして戦国大名の祖と呼ばれ,
戦乱を引き起こした武将と呼ばれることもあります.
しかし,戦国時代が盛り上がる頃に他界してしまうため,知名度は低いようです.
下克上を初めて行い,小田原城を奪うなど,梟雄として名高い武将ですね.

○北条氏綱
北条家二代目であり,最初に北条家を名乗った人物です.
しかし,父・早雲や,子・氏康の影に埋もれてしまって目立たない可哀想な武将です.
かくいう私も氏綱のことはあまり知りません…

○北条氏康
北条家当主の中でも軍事面で高い評価を持つ武将です.
8千の軍勢で8万の山内上杉軍(上杉謙信とは別)を退け,関東一帯の支配権を奪取したり,
小田原城を改築して難攻不落の巨城を作り上げたり,
数々の功績を持ち,北条家を戦国最強の一角たらしめた人物です.

○北条幻庵
戦国時代前半における三大軍師の一人と言われています.
残りは山本勘助/武田軍と雪斎/今川軍ですね.
これらの軍師がいたからこそ,北条,武田,今川は戦国最強になれたと言えます.
北条早雲の末子であり,氏綱,氏康の後見人として,三代に渡って北条氏を補佐しました.

○北条氏政
早雲,氏綱,氏康の三代が優秀すぎたのか,
戦国時代有数の愚将として認識されることが多いです.
後世の創作物でも,とてつもなく愚かな武将と描かれることがほとんどですね.
上杉謙信や武田信玄などと争って北条氏の版図を最大にするなど,
良将だと伺える部分も多いのですが,可哀想な武将です.