Stay Gold, Ponyboy.

好意の返報は「あったらいーな」のラッキーイベントでしかない、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい〜。

今回は下記エントリを見て。

参考: 好意の返報性があったとしても興味の返報性なんざ俺にはねえ – ←ズイショ→

「好意の返報性」ってのは確かに存在すると私も感じる。「人は好意を向けられると、好意を返したくなる。」とか「人は何かを与えられると、何かを返したくなる」というのは、自然のことだ。

究極を言えば、見た目が可愛かったりかっこよかったりするのがモテるのは、誰かと接するだけで自動的に「眼福となる視覚的情報」を与えているからじゃねーかな、とも思う。知らないうちに良いモノを与えており、それに対する返報性が働いて、好意が向けられる、と。まーそーいうロジックが働いてんじゃないかな。

例えば人と人とが長く一緒にいるときも、常に楽しさだったり何だったり。時にはプレゼントだったりを与えることで、自分に対する好意を保つのは悪くない策だと思う。実際、色んなサービスが「好意の返報性」を使っている。試食とかね。

好意ポイントを下げないように好意を与え続ける、っていういじわるな言い方をすればテレビゲームのように見えるけど、実際に人間のつくりがそーなってんだから。

〜〜〜〜

ただ、それが行き過ぎて「好意ってのは絶対に返報されるもの」って考えると、途端におかしくなっちまうよな。「私は好意を向けたのに、色々与えてあげたのに、なんで何もしてくれないの?」とか考え出すと、コミュニケーションが濁っちまう。

確かに「好意の返報性」っていうのは存在するけど、それはあくまで「性質」であり「そーなる可能性が高いよね」でしかなくって。それのアテが外れたとしてもしょうがないと思うんだよね。

好意なんてそもそも、正しく伝わるかなんて分からないじゃん。「好きだよ」って言ってキスをしても、「こいつ、私のことが好きなんじゃなくって、身体が目当てなんでしょ」って伝わる可能性もあるわけだからね。

だから、「好意の返報」を前提としているような人は面倒くさいし、「好意の返報」で成り立っているコミュニティはすんげー居辛い…というか、多分やっていけない。

ただ最低限の「個々の思いやり」くらいが前提として許される範囲じゃないかな。好意、興味、見返り云々は前提じゃないよ。ラッキーイベントだよ。

〜〜〜〜

乱暴な言い方をすれば、私は他人に好意も優しさも期待していないです。他人の心なんて見えないし好意も優しさも絶対証明できない。そもそも、もしかしたらその人は心なんて持たない哲学的ゾンビ 1かもしれないじゃん。

そんなもの期待してもしゃーない。期待せずにたまに「もしかして?」と気づいて驚くくらいがちょうどい。そう考えてます。

好意を示すときは、相手がどう思おうが全く関係なく、「自分が【相手にとって良い】と思っていることをやる」だけです。それが健全じゃない?

ばいびー☆

日本の砂浜って、めちゃくちゃ普通で良いよね。
日本の砂浜って、めちゃくちゃ普通で良いよね。

Notes:

  1. 外面的には普通の人間と全く同じように振る舞うが、その際に内面的な経験(意識やクオリア)を持たない人間のことをさす哲学の概念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)