日本の反体制・反権威派の運動ってなぜこんなにもダサいんだろう、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。

今日は「反体制運動のダサさ」について。

とてつもなくダさい日本の反体制派たちの運動

私は週に何日か、横浜で仕事をしている。

横浜では時々、なにやら反権威的な放送をしている車が通る。その度に「あんなので世の中が変われば苦労はしないよ」と思い、ただの騒音と成り果ててる人たちに呆れ果てている。

はたまた私がよく利用する映画館の最寄駅では時折、「XX政権反対」などと書かれたタスキをつけたオジサンオバサンたちが何か叫んだりチラシを配ったりしている。

日本では、なぜこうも反権威・反体制的な人たちがダサいのだろうか。

街中で反権威的な演説をしている人も、憲法9条を守れ、XX政権反対などと段幕を掲げている人も、SNSで国の動きに何かととやかく言ってる人も、とにかくダサい。成人式で暴れるわんぱく小僧くらいダサい。

少し前に「SEALDs」と呼ばれる若者中心で形成された政治団体があった。活動内容への賛否は置いといて、彼らは活動内容に対して一種の「かっこよさ」を大事にしていたように思う。公式サイトをみても、かっこよさ・クールさを意識しているように思う。

SEALDsは活動が注目されると同時に、揚げ足をとられつづけるようになってしまい、クールさは消えていった。思えば、2017年現在の日本におけるインターネット全体に流れる「異質なものは叩け」精神は、SEALDs叩きに端を発していた気がする。あの頃から炎上だの何だので、インターネットがつまらないものになってきている。

引用元: SEALDs公式サイト

さて。

今やそのSEALDsも解散してしまい、依然、日本において反権威的な活動というのは、「ダサい」というイメージが付きまとっている。

「Watch Dogs 2」に見る、クールな反権威派ハッカー団体

最近、「Watch Dogs 2」というゲームをプレイした。

このゲームは反社会的なハッカー集団「DedSec」を主軸においたゲームだ。現実におけるウィキリークスやアノニマスのような、ハッキング技術を政治運動に用いている。海外ではそのようなハッキングを「ハクティビズム」と呼び、1990年代くらいから注目されている。

私もIT技術者・プログラマとして、この「Watch Dogs2」は大いにとても楽しませて頂いた。

現実のハクティビズムがどうかは知らないが、少なくとも「Watch Dogs2」内において、ハッカー集団「DedSec」の社会運動はとにかくかっこよく思えた。活動内容はともかく、その社会への伝え方がいちいち「キマってる」のだ。

DedSecは主要メンバーに「アーティスト」がいる(しかも若い女性!)彼女は自分や仲間がハッキングして暴いた悪事を、より届きやすい形に「編集」する。それは時に動画に、時に絵画になる。

自分たちの行動を示すための看板ペイント。
引用元: Watch Dogs2公式PV

そして、賛同者は公式アプリをインストールすることで「フォロワー」となり、賛同を示すことができる。

「届けること」「見られること」を意識しない日本の反体制派。

日本の反体制的運動は、「発言すること」それ自体に価値を置きすぎている。声を上げることだけを重視しすぎて、「届くこと」に関して無関心すぎだ。だから、ただ大きな声で、あるいは広範囲で声を上げることしかできない。

おまけに賛同者を集める方法も未だ「署名」だ。

少し前に電通で働く女性が過労のあまり自殺したことを覚えているだろうか。悲しいことに、この事件もすでにみなさんの記憶では風化してしまっているように見える。

私はこの事件が発生した頃に、「長時間労働撲滅プロジェクト」なるものに参加した。これが身を結んでいるかどうかは今現在、あなたの身の回りを見渡していただければわかると思うが。

このプロジェクトへの賛同方法も「署名」だった。ネット上ではあるものの、所詮はいち署名でしか賛同できなかった。彼らは集めた署名を大臣に手渡しただけで活動を終えてしまったようだ。プロジェクトと名打つからにはもっと大きく動いてくれるものと思っていたが。

私は、思想への賛同を示す方法として「署名」というのはとても弱い手段だと思うのだ。署名はハードルは低くないくせに、当事者意識は全く芽生えさせない。言ってしまえば「署名しかできない」のだ。

もし「長時間労働撲滅プロジェクト」において、チャットルームがあれば。掲示板のようなものがあれば。数々の体験談がそこに寄せられたかもしれない。プロジェクトの主要メンバーとの会話によって、何か解決策が得られるかもしれない。悪質な企業や団体を告発できるかもしれない。

それは「集まった署名を渡す」などという行為よりもよっぽどインパクトのある活動だ。

ただ喚いているだけに過ぎない日本の反体制派。

署名にしろ街頭演説にしろ、とにかく政治的インパクトの低い方法しかとらないのが日本の反体制運動だ。街中で見かけても、「またやってるよ。うるさいし邪魔だしめいわくだなあ」としか思われない。SNSで見ても「そんなやっかみ、SNSで見たくないよ」としか思わない。

それが「ダサい」と感じる1番の原因だ。ただ喚けばいいってもんじゃない。どうすれば伝わるか。どうすれば本当に変わるか。そこのところを全く考えていない。海外では「カウンターカルチャー」という文化にまでなっているのに、日本ではいまだに喚いて署名を集めるだけなのだ。ダサい。

私は別に反権威的でもないが、許せないことはある。例えば先に例をあげた「長時間労働」なんてのは許せない。そのためなら政治運動に参加してもいい。それこそ私はプログラマなんだから、ハクティビズムに携わってもいいと思っている。

ただ、参加したいと思う団体がない or 見つからないのだ。軽く調べても出てこないし、見つけても先に述べたように署名同等のことしかできない。デモに参加するにしても、正直「ダサすぎ」て参加したくない。写真を撮られてメディアに載ろうものなら、親族や友人から揶揄されてしまいそうだ。

日本における反体制運動に必要なのは、「かっこよさ」だ。自分を表明すること。意志を社会に投げること。それが「かっこいいこと」であることを明確にするためにも、反体制運動のダサさを脱却すべきなのだ。

余談: 日本のマスメディアも権威側

余談になるが、反体制運動として最も影響力があると言ってもいいのが「メディア」だ。けれとも、実際のところはメディアの信用も失墜している。理由はまぁ色々あるだろうが、最も大きいのは「行動内容に関係なく反体制的だから」じゃあなかろうか。

どれだけ重要なことをやってもそれに見向きせず、ただ相手を貶められそうな穴を見つけてはそこを執拗に突き続けたり、時には事実を捻じ曲げて悪いように報道したり。少なくともインターネットではそーいうところを思いっきり暴かれているので、メディアに対する信用なんてほとんどないのが現実だ。

というか、インターネットに触れてない人たちでもテレビで度々、些細な問題を何ヶ月も扱っている様を見てれば「この問題、まだやってんの?」「こんなのどーでもよくない?」と思ってもいいと思うのだが。

メディアは反体制的、とは言ったものの、日本のメディアはどちらかというと体制側、権威側だろう。国やお偉いさんと争っているというだけで、メディアもメディア自身の権威・体制のために動いているからだ。少なくとも大衆側とは言いづらい。

ばいびー。

ハワイの看板。

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

インターネットを使うことで人と人との関係がもう少し楽しいものにできないかな、と思うハナシ。

まいど、イオリンでござい。最近、インターネットに関する興味がとても強くなってきた。端的に言えば「インターネットを使って人々の関係性をもっと面白くできないか」ということだ。1つは、Facebook創始者...

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」を見て感じたハナシ。〜前編〜

まいど、イオリンでござい。先日、映画「ちょっと今から仕事辞めてくる」を見てきた。予想に反してとてもいい映画だったし、いわゆる社畜同然だった身としてはいろいろと思うところがあったのでそこらへんを書き留め...

旅で自由に立ち返る、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。関西から関東へ戻るところでございます。さて。コブクロから新曲、「何故、旅をするのだろう」という曲が発表された。JR西日本の九州新幹線の広告企画で、書き下ろされた。公式サイトや...

報酬設定を間違うと、思った通りの結果が得られない、ってハナシ。〜業務システム開発を例に〜

まいど、いおりんでございー。昨日は、「社会制度の管理人は、(本来の顧客であるはずの)国民のためを考えなくても食いっぱぐれない」という、なかなか刺激的なことを言っちゃいました。関連: 今のお国の制度を管...

大変なことほど、「あなたが」成し遂げる価値はないってハナシ。

まいど、イオリンでござい。ちょうど労働環境について考えていた時に、電通さんのところで過労死の事件が話題になった。私は会社を辞めてからずーっと、「なんで楽しく働くってことが中々実現できないんだろう」と思...

仲良くなる、って幸せだね、ってハナシ。

以前、記事に書いた「金魚屋」さんが予想以上に良かったので、その中で、私がどういう環境で生きていきたいかが、また少し見えてきました。何するでもなくずっと話していたんだけど、本当に楽しかったんだよ。まず、...

趣味を沼っていうのはナンセンス。もっとハッピーな言い方をしなよ、ってハナシ。

まいど。いおりんでござい。今日はちょっと短めだよん。最近長ったらしいのが多かったからね。短いのも書いて定着させとかないと、うまく継続できないからね。うん。趣味を沼って言う人たちって、なんでその趣味をし...

no image
Think of My Life 2014

皆様、明けましておめでとうございます。新年もどうか、よろしゅう。新年一発目ということで、今年の生き方でも軽く、語ってみようかな、と思います。目指す到達点はないいきなりですが、今の私は、将来設計を放棄し...

日本語は敬語と平語の中間に値する言葉がない、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。最近、日本語に対して、敬語と平語(=タメ口?)の中間に値する言葉がないよな、とよく感じます。私は日本語が好きだけれど、日本語が不便に思うところもある。その一つが、この「敬語か...

専門職がいつまでも専門職のままいられる、ってわけじゃないってハナシ。

まいど、いおりんでござい。皆さん、専門職って何だと思いますか?専門職とは、「仕事するために、一般的に身につく以外のスキル(=専門スキル)の蓄積が存在する職業」です。例えば、2015年現在、プログラマは...