働き方の自由とは選択肢が増えること、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。

なんだか最近働き方改革だとか言って色々と論議の的になっているけれど、私は日本人の働き方を変える上で一番大事なのは、「労働者に選択肢を与えること」だと考える。

働き方の自由には実は2つある。

1つは自分で働き方を作り出すことだ。個人、会社問わず、多くの事業主はこの自由を有していることが多い。仕事相手や仕事時間、仕事形態などを自分の持ち札で組み立てることができる。もちろんスキルは必要だが。

もう1つは、数ある選択肢から自分の理想にあった働き方を選ぶことだ。世の中に本来無数に存在している働き方から、自分の理想とする働き方を選び抜く。これもまた自由だ。

現在の日本で…なんて大きな言葉を使うのは嫌いなのだが、少なくとも私の周りでは、労働者に対して与えられる「働き方の選択肢」が少なすぎるように思う。1つの仕事に対して「常識」とされる働き方が3つくらいしかなく、その振り幅もとても少ないように思うのだ。

私の身近な例でいうと、IT系のSIerの多くは平日、朝9時に出勤して定時まで仕事する。私の周りでもほとんどの人が月曜日から金曜日までその調子だ。そして土日祝日に休む。一斉にだ。まるでそれ以外の働き方など世の中には存在しないかのようだ。

別にその働き方が悪いとは言いたいわけではない。ただ、「IT系のSIer企業」とか「SE」としての働き方がほとんどそれだけしかないことが問題なのだ。これでは仕事と結婚や子育てを両立させたい女性なんかにはとても辛い業界になってしまうだろう(子どもは10年以上に渡って母親の悩みの種になり得る、私たちが子どもだったころを思い返せばわかるはずだ)。

色んな働き方ができるようになれば、それだけ労働者の自由が増えるはずだ。例えば「平日のどこか2日休む代わりに土日も出勤する働き方」とか、「平日は働く時間は短いけれど、土日に不足分をカバーする」とか「そもそも働く時間が短い子育て用の 勤務形態(もちろん給料は低くなるが)」とか、色んなパターンが存在してもいい。それも例外としてではなく、正規ルートとしてだ。

〜〜〜〜

もちろん、それを実現するのは簡単じゃないはずだ。「リモートワーク」ですら、非常に多くの失敗談が語られる。多彩な働き方を認めるのは難しいだろう。それでも、実現に値すると思う。一昔前ならまだしも、テクノロジーが発展して知的労働がほとんどになった現代では、働き方を一極集中させてもそこまで生産性は上がらないからだ。

それなら、一極集中による少ないメリットを捨て、労働者自身のパフォーマンス向上のために色んな働き方を用意したほうがいいと思うのだ。

ばいびー☆

雨ざらしで何年も無事なんてすごいよね。

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」を見て感じたハナシ。〜前編〜

まいど、イオリンでござい。先日、映画「ちょっと今から仕事辞めてくる」を見てきた。予想に反してとてもいい映画だったし、いわゆる社畜同然だった身としてはいろいろと思うところがあったのでそこらへんを書き留め...

岡部磨知 移動サーカス楽団〜Neo Nostalgia〜
ヴァイオリニスト岡部磨知さんのライブに行ってきたーよぃ

よう、このすっとこどっこい。俺様が天下の大泥棒、イオリンだぜーぃ。今日は、とあるヴァイオリニストのライブに行ってきました!世間で、「美人すぎるヴァイオリニスト」などと謳われている、【岡部磨知(おかべま...

no image
泣いてしまうほど

最近、コブクロが桜を歌っているライブ映像をよく見ています。 僕にとって、「歌っている途中で泣いてしまう」というのは憧れです。僕には、「自分がやってきたことで思わず泣いてしまう」という経験がないからです...

オンとかオフとかで区切るのでなく「生きる」に溶け込んだ仕事をしたい、ってハナシ。〜森山直太朗さんのアルバム「嗚呼」を聴いて〜

まいど、いおりんでござい。さて。森山直太朗さんが小休止を経て、新アルバム「嗚呼」をリリースしました。私も早速ゲットしましたよ。相も変わらず良い曲ばっかりでとても素敵なアルバムに仕上がっている。参考: ...

no image
Performer’s Ship

目の前に、傘を3本持っている人が座っているぞ、いおりんです。長さもバラバラ、色も、赤青緑!でも見た目はちょっぴりくたびれたおじさんだ。何者だろう。大道芸人さんかな?大道芸人さんってすごいよね。期待の持...

誰かにとっての何者かになること、のハナシ。〜映画「何者」を見て。〜

まいど、イオリンでござい。先日、「何者」という映画を観た。私は見る気はなかったのだけれど友人に誘われたので見に行くことにした。「自分では興味なかったモノを、他人からの誘いで体験する」というのは中々楽し...

実話を基にした映画が教えてくれる知らない世界の喜劇や悲劇のハナシ。〜映画「スポットライト」を見て〜

まいど、いおりんでござい〜。先日、「SPOT LIGHT」という映画を観た。邦題は「スポットライト 世紀のスクープ」という、なんというかちょっとバラエティ色の強いタイトルになっているけれども、本作はカ...

人生の中で「安定」の価値を下げれば、「望み」が得られるのかもしれない、ってハナシ

おいーっす、お前ら、冬の寒さに負けずに乾布摩擦してる?私はしてない!いおりんです。最近、映画のカイジを見ました。原作も簡単には読んでいたし、実写のキャストは私の好きな演者さんが多かったのでずっと気にな...

為替表記は「1ドル○○円」じゃなくて、「100円○○ドル」表記のほうが直感的でいいのに、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。春よ来い♪って思ってるんだけど全然来ないよね。寒いね。日本の為替表示って、「1ドル○○円」って表現するよね。これ、めちゃめちゃ分かりづらい。なぜ、日本円を通貨として使っている...

プレミアムフライデー自体は下策だけれど、それが施行されたという事実は評価していいんじゃないか、というハナシ。

まいど、イオリンでござい。今日は初めてプレミアムフライデーが施行される日ということなので、このあたりに関して思うことを取り留めもなく書き連ねていきます。まず皆さん、プレミアムフライデーって知ってますか...