カタカナ語に含まれる余計な意味と削られる概念のハナシ。

まいど、イオリンでござい。

日本では「ソーシャル」や「シェア」という言葉が随分と歪められているように思う。外来語には本来とは異なる意味づけがなされてしまうパターンがいくつもあるが、「ソーシャル」や「シェア」「コミュニティ」という単語にはどうにも余計な意味合いが付随してしまうようだ。

〜〜〜〜

私は2017年現在シェアハウスに住んでいる。そのことを知人に伝えると、多くの人は「どんな毎日を送っているの?」と、何かしらのイベント三昧の日々を想像する。少し前に流行ったドラマ「テラスハウス」などのように、毎日リビングに集まってワイワイ楽しくやっている雰囲気を想像するのだ。

また、シェアエコノミーというものに対して、自然回帰的な意味を見出す人も多い。菜園と組み合わされたシェアハウスはとても多いし、シェアエコノミーの話をしながら「昔のように丁寧な生活を」などと謳っている人もよく見かける。

別に自然回帰的な考え方が悪いというわけではない。私も時々自然に立ち戻りたくなる時がある。ただ、「シェア」と自然回帰を結びつけすぎるのは良くないな、と思うのだ。

私は「シェア」の本質は、「みんなで使いまわしたほうが生産性が高い」にあると考えている。シェアハウスに住んでいる理由も、別に毎日誰かとおしゃべりしたいわけでも丁寧な生活がしたいわけでもなく、一人暮らしよりも効率がいいだけだ。

〜〜〜〜

「ソーシャル」という単語もなんだか変な意味合いに使われやすい。単にSNSを使っているだけで「ソーシャルアプリ」「ソシャゲー」と呼ばれるものもあるし、ただの出会い系サイトが「ソーシャルマッチング」などと名乗っている。最近では住人同士が仲良くなるような仕組みがあるシェアハウスを「ソーシャルなんとか(企画企業によって何のソーシャルかは変わる)」と言うらしい。

なんとなくそれっぽいものをとりあえずソーシャルと言っているようだ。SNSを皮切りに「ソーシャル」という単語がバズワードとして使い倒され、今ではボロ雑巾のような単語になっている。

少なくともソーシャルとは、「インフラ」だと私は思っている。人と人とが関わり合いを持つインフラをソーシャルと言うんじゃなかろうか、と。そー言う意味でソーシャルな仕組みを持つものはあまりにも少ないように思う。「俺たちはソーシャルなんちゃらだ!!」と大々的に言っているうちはソーシャル足り得ない気もしている。

〜〜〜〜

先日、知人がこう言っていた。「言葉に対して本来の意味とかはどうでもよくて、今ではどういう風に使われているかが大事だ。」

この発言にも一理ある。「役不足」や「敷居が高い」など誤用が散見される単語に対して誤用だと騒ぐよりも、ちゃんと伝えたい意図が伝わればそれでいい、ということだ。

確かに一理ある。「シェア」も「ソーシャル」も「Share」や「Social」とは違う意味合いを持っているのならその新しい意味合いこそが大事だと言うわけだ。

わからなくもないが、一方で、「Share」や「Social」という単語に対する日本語での表現方法が失われたということでもある。そしてそれはつまり、日本人が「Share」「Social」という概念をもつことができなくなるということでもある。

それはとっても危険な話だな、と思うわけだ。

ばいびー☆

ゴーカート、楽しかった。

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

追われるように本を読むことは読書の浪費でしかない、ってハナシ。

まいど。いおりんでござい。皆さん、漫画を覗いた本の読書ってどのくらいの頻度でやっていますか?私はちょいちょい読みますけど、月に2冊くらいです。もちろん、ハマるときもあるけれど、それでも5冊も読まないだ...

「便利なモノ」より「使ってて楽しいモノ」がいい、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。iPhoneアプリを見ると顕著なんだけれど、最近のITのソフトウェアって、「実用性」にばっかり目がいっている。何かしらの「目的」があって、その目的を達成するために一直線のモノ...

ハワイは日本よりもずーっと「おもてなし」してた、ってハナシ

まいど、いおりんでござい。さて。ハワイを見てると、日本の観光地なんて、まだまだ全然だなー、って思う。ハワイのワイキキあたりで感じたのは、働いている人がみんな楽しそうにしてるな!ってこと。バスの運転手で...

1つの仕事だけで生きていかないといけない理由なんてないよ、ってハナシ。

いおりんでござい〜。どーぞよろしく!最近友人と仕事について話したんだけど、私は仕事を1つにする必要はないと思っている。それは私自身、やりたいことがいっぱいあるからなんだけどね。こと仕事になると、「真面...

ITエンジニアは、供給過多市場と需要過多市場に二極化している、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい〜。フリーランスとしてふわふわ活動させて頂いていますが、「エンジニアの人材供給バランスって本当酷いな!」と常々思いますよ、わたくし。つまり、仕事の規模とか場所によって、「エンジ...

服は個人が持つんじゃなく、みんなで共有すればいいのに、ってハナシ。

へ〜い。いおりんだぜ〜い。今日もいっちょ、アイデア吐き出してみっか。さて。最近、なんで私は自分用の服を何着も持っているんだろう、と感じます。これらの服の大半が、使われていない時間のほうが長いんだよね。...

明るすぎる場は暗い人にとっては疲れちゃう、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。実は鎌倉のシェアハウスを今日限りで出て、来月からは茅ヶ崎のシェアハウスに移り住みます。同じシェアハウスブランド?なので、特に真新しい気持ちとかはないんだけどネ。まーでも、楽し...

子どもたちのいる環境が、あまりにも閉ざされていないか、というハナシ。

どうもー、いおりんって言います。どーぞよろしく!。私は今、25歳で生き方を見直しています。世界は私が思っている以上に広いし、日本で生まれた私は、戦地の方々よりもずっと自由。そのことに25歳で気付いた。...

株式会社の形態に私は合わないかもしれない、ってハナシ。(社会不満足を読んで)

おっす、いおりんです。年末、みんなはブリッジしてる?今、乙武さんの対談本「社会不満足」を読んでいます。対談本って、2人の人生の軸がぶつかるから、気付きが本当に多いんだよね。社会不満足 ―乙武洋匡 対談...

Happy Inside

なんと6ヶ月以上書いていなかったですね。Tumblrとかは時々更新していたんですが、ついに、このBloggerの更新も再開しようかな、と思います。再開に至るまでは後日。今回はトークネタがあるので、そち...