「イオリン雑記」を作ったハナシ。

まいど、イオリンでござい。

最近、この「手記」とは別に「雑記」というブログを作ろうかな、と考えていた。

元々、この「手記」は、Twitterの延長としてはじめた。なんだか書きたいことが出てきたけれど、Twitterに書くには短すぎる…そんな時にこのブログでつらつらと書き連ねようと思って、「イオリン手記」を開設した。

今でこそ色んな提言やら何じゃらと意味ありげなことを書いているが、最初期のほうはどちらかと言えば日常生活の近況だったり、その中で出会ったことなどが多かった。当たり前のように「初めての彼女ができた」みたいな文章も書いていた。

ところがぎっちょん。

ここ最近のイオリン手記は、なんだかそーいうことを書ける場所じゃなくなってきた。何度か思い立って「もっとどうでもいいこと書こう!」と思うのだが、気がつけばなんか偉そうに意味ありげなことを書いてしまう。イオリン手記という場所がそーいう性質を帯び始めているのだ。

〜〜〜〜

と、いうことで、新しく「なんでもないようなことを書くブログ」を作った。

「イオリンの雑記」

先日、友人から「イオリン手記は、体力とか余裕がある時にしか読めないことがある」と言われた。少なくとも「雑記」のほうは、体力に余裕がなくても、本当の意味で息抜きのように読めると思う。

比較として、「雑記」のほうの最初の投稿は、このエントリと全く同じことを伝えようとしてみた。少しは「こーいう住み分けね」ということがわかれば幸いです。

参考: この雑記|イオリンの雑記

〜〜〜〜

余談だが最近、手記のほうの語尾を淡白な感じにしているけれど、これは完全に私の中のブームの問題です。

ばいびー☆

こーいう橋は好きです。

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

劣等感は勝負する場所を選ぶ武器になる、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。知り合いが住む場所では雪が降りまくってて、雪好きなイオリンは羨ましくて仕方がない。ぬぐぐ。さて。皆さん、劣等コンプレックスとか、ありますか?イオリンは今でこそ、自分のことを「...

少なくとも私の周りではSNSは一度目の死を迎えた、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。私はSNSが好きだ。特にFacebookが好きで、次にTwitterも好きだ。2009年頃にTwitterをはじめた記憶があるけれど、あの頃はとてもワクワクしたものだ。Fac...

英語を「学ばなくても良い時代」と「学ばなければいけない時代」のチキンレースのハナシ。

まいど、イオリンでござい。「これからの時代、英語とか学ばなくてもよくなる」と同じくらい、「これからの時代、英語くらい読めないと本格的に置いていかれる」という事象が起こりつつあるなあ、と最近思う。私はち...

記事をだらだら書いてもいーじゃないの、ってハナシ。

どうも。いおりんです。タイトルの通りダラダラ書いています。どーぞ!「ブログとしての高み」を目指そうとかっこつけはじめると、自分の幅をどんどん狭めちゃうんだよね。今、記事を書き始めているんだけど、いくつ...

カタカナ語に含まれる余計な意味と削られる概念のハナシ。

まいど、イオリンでござい。日本では「ソーシャル」や「シェア」という言葉が随分と歪められているように思う。外来語には本来とは異なる意味づけがなされてしまうパターンがいくつもあるが、「ソーシャル」や「シェ...

アホみたいなことをする余裕のハナシ。

まいど、いおりんでござい。なかなか気温が20度を下回らなくて、辛いですね。私は超暑がりなので、最近発見したこと。私、ちょっとしたアトピー持ちで、肌が弱くてよく荒れるんだけど、これってつまり「身体の表面...

「金のアイデアを生む方法」読了

1年近く読んでいなかった本「金のアイデアを生む方法」を読み終えました.これはなんと,著書である樋口健夫氏ご本人から特価で購入した本です.なんとサイン入り.「金のアイデア」を生む方法―“ひらめき”体質に...

no image
Another

社会人になった友人知人らが全力で苦労している。多分、僕が今ここで味わっている苦労なんて彼等からしたら些細なものだと思います。でも一次元的に考えると「2年早くスタートした」というネガティブ面ばっか出てく...

「数値」とはデータの一種であってデータ=数値ではないヨ、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。ここ数日、友人と遊ぶ予定が連なっていて、どんだけ花見をすれば気が済むんだ、みたいなことになっています。飲む口実としての花見ではなく、さんぽしながらのんびり楽しむ、雅なほうの花...

I Love Everything

「優しいだけの男」奈良県代表、いおりんです。森山直太郎さんの唄に「優しさ」とあるんですが、この唄に全面的に賛成しています。本当の優しさとは、「何かをしてあげる」という行動のことを言うのではなく、状態の...