「生産性」という言葉はわかりづらいので「効率」とかそーいう言葉を使った方がいいんじゃないかい、というハナシ

まいど、イオリンでござい。

今日は「生産性」という言葉はわかりづらいので「効率」とかそーいう言葉を使った方がいいんじゃないかい、というハナシ。

〜〜〜〜

「生産性」という言葉はどうにも勘違いされがちなので、最近私はこの言葉を使うべきじゃない気がしている。

生産性とは一言で言えば「アウトプット/インプット」だ。より少ない労力でより多くの価値を生み出すことを生産性と言う。ただし、この言葉の元々は「productivity」だ。「product」を日本語で「生産物」と言うので、productivityを生産性という言葉に訳しただけだ。

ところが「生産」という言葉には工業的側面が強い。だから生産性という言葉にも工場的側面を持ってしまう人が多い。そのため、生産性というと「より素早く」とか「より多く」とか、そーいう即物的な発想しかできなくなってしまう。

生産性という言葉をもっと直感的に言うならば、それは「効率」だと思う。「生産性を上げろ」とは要するに「効率を上げろ」ということなのだ。「生産性の高い仕事をする」とは「効率よく仕事をする」というだけのことだ。何も難しいことではない。

それを「生産性」という言葉を使うから面倒そうに思えてしまう。そんな気がする。

〜〜〜〜

そして「効率」という言葉を使うとわかるが、「生産性向上のための策」というのは、決して仰々しいことじゃない。

むしろ日々の工夫と試行錯誤こそが大事だ。「手作業でやっていたここを自動化してみよう」とか「この作業とこの作業は共通するからまとめていっぺんにやろう」とか、そーいう小さな工夫が、日々の仕事の効率を上げていく。

もちろん、中には「今までの作業方法を一新して革命的に効率を上げる」という策もある。だが、そういったケースは稀で、基本的には日々の努力なのだ。

〜〜〜〜

ちなみに私が誰かとお仕事をする際に注目するのは「文章力」です。文章は比較的簡単な工夫で伝達効率をあげられる手段なので、そーいう文章が書けない人は「生産性とか効率とか考えない人なんだな」と思ってしまいます。

パッと見て要件とか、私に何をさせたいのかが伝わる文章を書いてくれる人には逆に「この人、多分デキる人だな」と思います。

ばいびー☆

こーいうのいいよね。

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

会社勤めの人にも仕事を頼めたら世の中面白くなるのに、ってハナシ。

まいど、いおりんです。私は会社員をやっている人を見ると、時々「チョーもったいない!」って思うときがある。前置きしておくと、会社員として幸せに働いているなら、その人は会社員であるべきです。そんな人に「も...

大層な夢を漫然と追っているだけで満足していないか、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい〜。なんか暑さのピークを過ぎたのかな?今日は外はあまり暑くなかった気がしますね。さて。先日、人生における夢について書きました。私は大層な夢なんかあんまり持っていなくて、小さい夢...

no image
泣いてしまうほど

最近、コブクロが桜を歌っているライブ映像をよく見ています。 僕にとって、「歌っている途中で泣いてしまう」というのは憧れです。僕には、「自分がやってきたことで思わず泣いてしまう」という経験がないからです...

場所に左右されない、という基準による仕事選びのハナシ。

まいど、いおりんでござい。お盆の帰省を終えて、また鎌倉でのんびり生きております。実家に帰って色んな親戚や親兄弟に会うと、皆さん口を揃えて「あんたは、自由に生きてて羨ましい」といったことを言われる。私の...

フリートークでおハナシ。〜何者〜

まいど、いおりんでござい。自分は何者になりたかったのだろうか。そんなことを考えることが増えてきたのは年齢を重ねたからか。いや、思えば昔からそんなことを考えがちな少年だったように思う。最近、人生において...

報酬設定を間違うと、思った通りの結果が得られない、ってハナシ。〜業務システム開発を例に〜

まいど、いおりんでございー。昨日は、「社会制度の管理人は、(本来の顧客であるはずの)国民のためを考えなくても食いっぱぐれない」という、なかなか刺激的なことを言っちゃいました。関連: 今のお国の制度を管...

人間味のある場所に居続ける素敵さのハナシ。

まいど、いおりんでござい。桜が舞い散る季節になりました。東京に住んでいたときは本当作られた自然しかなかったから、窓から桜が見える今の場所がサイコーだね。さて。先日、私がいるシェアハウスで古参の2名が抜...

今年一年は生き方を探っていたな、というハナシ。

まいどいおりんでござい。年の瀬ですね。今月が、遊びにならない仕事で埋め尽くされていたのでもったいねーな、と思う今日この頃。さて。今年は色々とありました。一年を通して見ると「結局ブレッブレやないかい!」...

「時が経つのが早い」って色んな要因が重なって起こるよねってハナシ。

まいど、いおりんでござい。これを書いているのは14時です。昨晩まで昼夜逆転していたんだけれど、ムリクリ戻した。昼夜逆転を戻す一番の方法は、「めっちゃ寝る」か「めっちゃ寝ない」のどっちかなのでございマス...

社会制度や税金制度にも市場競争の要素を入れればいいんじゃないか、というハナシ。

まいど、いおりんでござい。今日は日本の社会制度についてのトークです。今の日本はとっても素敵だと私は思っているんだけれど、それでもガタガタな制度はいっぱいある。若者間でよく言われている「年金なんて自分た...