名は体を表すと言うけれど、表したい体のために名を変えるのもいい、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。

私は最近、自分のことを「フリーランス」と名乗ることを意識的に避けている。理由は、一時期フリーランスという言葉が流行ったときに、フリーランス=自分の力でバリバリ働いて稼ぐ人、みたいなイメージがついてしまった気がしているからだ。

限に色んなところで「フリーランスのエンジニアです」と言うと、「すごーい」「実力あるんだねー」とか言われることが多い。私は就労形態として「フリーランス」を選んだだけだ。自分の理想の働き方というヤツを考えた結果、「フリーランス」という形態で働いているだけだ。

だから私は最近、自分の職業を表す時は「IT系の自由業」とか「個人のITエンジニア」などと言っている。

〜〜〜〜

言葉というモノはとても強い力を持つ。言葉通りの意味合いの他にも「イメージ」という形で様々なことが伝わってしまう。

私は住宅の形態として「シェアハウス」というモノはとっても魅力があると思っている。ただ、それは「1つの住宅や家財を複数人で使った方が、1人暮らしよりもずっと効率がいい」という理由であって、「コミュニティ」とかそーいうモノに対してそこまで魅力を感じていない。

ただし、「シェアハウス」という言葉を使うと、世間一般的にコミュニティ色の強いモノを想像されてしまう。みんなで和気あいあいとリビングで団らんしており、「人生をシェアする」という意味合いとして扱われることが多い。

だからもし私が「効率が良い」という理由でのシェアハウスにするなら、シェアハウスという言葉は使わないだろう。ルームシェアにちなんでホームシェアとか。ホームを先に持ってくれば、あくまでホームをシェアする、という意味合いが強まる。

言葉はそれだけで言葉以上のモノを伝えてくる。だからこそ大事に使っていかないといけない、と思う。

〜〜〜〜

以前書いたことだけれど、私の友人が言っていた「課長とか係長じゃなくて、アカレンジャー・キレンジャーとかならいいのに」という案はとても素晴らしいと今でも思う。

日本の会社に昔からある役職名に対するイメージは悪質だ。課長は「課のトップ」であり、課においては課長だけがリーダーシップを発揮して、部下はただそれに従えばいい、かのような絵面に見えてしまう。それに課長も、部長の命令に原則従う、というようなイメージがあり、権限が中途半端に見えてくる。

それでは皆が会社の利益のために頭を回転させるのは難しい。課長も「自分の課の利益だけ最大化させればいいや」「部のことは部長が考えてくれるだろ」といった意識になってしまう。役職名のイメージがそうだからだ。

だから、課長ではなく「キレンジャー」とかいう呼び名に変えてしまうことで、「俺はキレンジャーだからキレンジャーなりのやりかたでゴレンジャーに貢献せねば」という意識が出てくる……かもしれない。

名は体を表すと言うけれど、求めている体に合わせて名を変える、というのはとても有効な策だ。

〜〜〜〜

私も自分のことをフリーランスではなく、自由業と言い表すことで、既存のフリーランスの枠にとらわれることなくやりたいように縦横無尽に動ける自分でいられている気がする。フリーランスと自負していたころは「どうすればフリーランスとして生きられるか」という頭の使い方だったはずだ。

そのために多少無茶な仕事だったとしても無理して引き受けていた。新米フリーランスとは「そういうもの」だからだ。

でも私自身は、無茶な仕事には断固としてNOを突きつけたい人間なのだ。自分が提供できる価値を自信を持って提供し、それに呼応してくれる方と仕事をする。そんな自分でありたい。そして毎日を楽しくなんか生きてみたい。

だからこそ、フリーランスという呼び名はやめて、自由業と呼ぶのだ。

ばいびー☆

バスケやりたい。私下手ですが。

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

ブログや自己啓発本などの言葉で自分の行動を変えるには、自分の過去の体験と結びつけないといけない、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。私はブログで色々なことを書いていますけど、現実で相談されたときも、同じように「私はこう考えている」と答えます。例えば「イオリンはなぜそんなすぐに行動できるの?」と言われたとき...

仕事選びは若いうちにどんどん失敗しちゃえ。

Yo、オレはTOKYOでNo.1ラップマスター、イオリンだぜYO、YO♪Facebookを彷徨っていたら、就職について興味深い記事があったので、今回はそれを題材に語っちゃおう♪「新卒で中堅企業に就職し...

このブログがみんなの考えるきっかけになってくれれば、いおりんはHAPPYってハナシ。

まいど、いおりんでござい。熱海から帰ってきました。温泉って本当、すごい良い。あと馬油のボディソープも大好き。最近、友人に会うと「ブログを見ているけど、あのエントリ面白かったよ」とか、「あのエントリにつ...

どんな日常の些事でも、何かをはじめるなら市場価値の見極めの練習になる、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。鎌倉は天気が賑やかで嬉しいですな。今日は、何か物事を始めるときには、「みんなが求めているのはどういう価値だろう?」というのをしっかり考えた方が良い、というハナシを。いわゆる「...

人間も一定の法則に従うタダの動物だから、その法則を刺激すればいいってハナシ。

まいど、いおりんでござい。私は何か企画を考えるとき、無意識のうちに「人間」をただの動物として見ている。実際に人間として自意識を持っていきていると、さも人間だけが他の動物と一線を画す生命体であるかのよう...

移住民族のススメと、立ちはだかる障害についてのハナシ。

まいど、いおりんです。私は今、和歌山に来ています。2日前ほどに、「関西に帰ろう!」と思い立って、昨日京都に上陸し、京都に住んでいる友人2名と食事やらおしゃべりやらしました(そのうち1名は軽くお手伝いの...

どんな人にだってできる仕事はいくつもある、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。私は「どんな人間でも使い物にならない人なんていない」と思っている。色んな人が「私なんて今の仕事を失ったら他に就職先なんてない」なんてことを言っているけれど、そんなことは絶対に...

男性にとって女性は面白い(もしかしたら逆も然り)、ってハナシ。〜「でも恋」を読んで〜

まいど、いおりんでござい。最近、こんな本を読んでいる。仕事ができて、小金もある。でも、恋愛だけは土俵にすら上がれてないんだ、私は。posted with amazlet at 16.03.20桐谷 ヨ...

「金のアイデアを生む方法」読了

1年近く読んでいなかった本「金のアイデアを生む方法」を読み終えました.これはなんと,著書である樋口健夫氏ご本人から特価で購入した本です.なんとサイン入り.「金のアイデア」を生む方法―“ひらめき”体質に...

毎日を楽しく生きたいんだったら幸せハードルを低い位置に保つようにしよう、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。先日、後輩から「毎日が楽しいって難しくないですか?」と言われた。私は毎日楽しいし、むしろ毎日を楽しいと思える人生じゃないと人生に絶望してしまう人間だ(来るか分からない将来に希...