プレミアムフライデー自体は下策だけれど、それが施行されたという事実は評価していいんじゃないか、というハナシ。

まいど、イオリンでござい。

今日は初めてプレミアムフライデーが施行される日ということなので、このあたりに関して思うことを取り留めもなく書き連ねていきます。

まず皆さん、プレミアムフライデーって知ってますかね。プレミアムフライデーとは、ざっくり言えば「月最後の金曜日は午後3時に退社するようにしよう」っていう取り組みです。政府が提唱してるんですけど、まぁいわゆる「クールビズ」とかと同じタイプの提唱ですね。

2017年現在、日本は依然として労働環境が悪い国として取り沙汰されることが多い。過労死や長時間労働など、人権を侵害するレベルの労務が大勢に降りかかっていて、それが社会問題になっている。それを日本政府も認識していて、それを何とかしたろ、という企画の一貫で、プレミアムフライデーというものが提案されている、と。

もちろんそれ以外にも、「15時に仕事を終えて、お金を使って消費活動してくださいよ皆さん」という意味合いもある。日本経済はデフレの傾向があるので、それを回避するために金曜からパーッといきましょ、ということだ。

今日はそれについて書き連ねていこうと思う。多分内容は「プレミアムフライデーは確かに下策だけれど、それ以上に奴隷根性染みついている人がどうしようもない」です。

〜〜〜〜

プレミアムフライデーそれ自体は私はあんまり良い策だとは思っていない。クールビズと違って「15時に退社」は割と負荷が大きいことだと思うから、ただ提唱しただけで劇的に変わることはないと思う。そりゃゼロとは言わないけれども、過労死とか長時間労働とかで問題になるような企業風土って、ちょっとやそっとでは変わらないレベルにまで染みついているからね。「明日からクールビズで」とはワケが違う。

それに、休みをみんな同じ時間に取る、っていうのも私は下策だなと思っている。休みを統一するとその時間だけ娯楽施設や飲食店は混雑するし、きっと電車だって混んでしまう。「ピーク時」と「閑散時」との差は大きくすればするほど、施設の稼働率とか生産性は下がる。だから、みんなの休みはなるだけバラさせたほうがいい。

とかなんとか、そーいう理由で「プレミアムフライデーって軽率な策だよなあ」というのが、私のプレミアムフライデーに対する率直な感想だ。

けれども、プレミアムフライデーを提唱した、というその事実は私はとっても評価したい。たとえその裏に「お金をもっと使ってくれ」という思惑があったとしても、少なくとも政府としての見解は「長時間労働は駄目」ってことになるじゃん。その点に関してはすごい良い一歩を踏み出したね、と私は思っている。

〜〜〜〜

プレミアムフライデーそれ自体よりも私が問題視するのは、「労働時間減らせるわけないだろ」みたいに最初っから諦めて、なんにも努力していない人たちだと思う。

本来の形を言えば、労働時間を減らすための努力をするのは労働者本人であるべきだ。現状に不満があるなら自分たちで変えていく努力をすべきだ。会社も国も、労働者のお母さんじゃない。あくまでビジネス相手なんだから、自分を守りたいなら、まず自分で守る努力をすべきだ。

今回、政府にはいきなり労働時間を短くできる強硬策はとれないから、今出せる手として、「プレミアムフライデーの提唱」を出したわけ。「俺たちは直接手を下せないけど、この武器を使って上司や仕事先と闘ってくれ」って。プレミアムフライデーって労働者が交渉するための武器としては結構高い価値がある策だ。

少なくとも「プレミアムフライデーって国も言ってるし、なんとか15時に仕事終わらせませんか?」って言えるじゃん。上司だけじゃなく、客先にすら訴えることができる。それが言えるだけでプレミアムフライデーの価値は少なくともノー残業デーなんかよりもずっと大きい。

それなのに「労働時間減らせるわけない」って言って、武器が渡されたのに闘いもしないのは、他力本願が過ぎる。それじゃあ会社に良いようにこき使われても何も言えない。

〜〜〜〜

最初も言ったけれど私はプレミアムフライデーがそこまで良い策と思ってないので、「私たちもプレミアムフライデーしましょうよ☆」じゃなくって、「みんなプレミアムフライデーしててその時間混むから、私たちたちはプレミアムマンデーしてみません?」みたいな交渉したらいいと思う。

理想を言えばちゃんと決まりがあり、さらにその決まりが守られるのが一番だよ。でも人間ってそんなスゴイ生き物じゃないし、現に法律破りまくり、人権侵しまくりの労働ってのが跋扈してるわけだから、自分たちで闘って勝ち取ろうと思わないと。

まあ多分、不平不満だけこぼして行動しない人ってのは、愚痴を言いたいだけで実は現状に満足してるんだろうな、と私は思うようにしてます。以上です。

ばいびー☆

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

恋愛的な「好き」はあとから気付くモノで、最初っから期待しても分かりっこないでしょ、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。映画を観る前のひとときで筆をとっております。先日、友人から「いおりんって、恋愛観とかそーいうのはブログに書かへんよな」と言われたので、今日はそれ関連を書いてみる。私は今26歳...

no image
前へ

いつの間にやら,4月もあと3分の1程度しかありませんね.ブログを書いていると,時間の早さを実感出来て良いですね.ちょっと書いてないかも,と思って見直すと,もう5日間も書いてなかったんですね.本当,最近...

no image
Wanna Be Loving or Loved?

愛は、「愛する」と「愛される」に二分されます。 わたしにとって大切なほう、大事なほうは、「私がその人のことを愛していること」なんですね。 そりゃあ、愛されていることはすごく幸せで、嬉しいです。私が愛し...

no image
一人じゃとても

「今、いちばん会いたい人は?」と もし誰かに聞かれたら今 君は誰のことを 心に思い浮かべますか?遠くで / コブクロ僕は、成人になってからすごく会いたい人がいます。僕の父方の祖父および母方の祖父です。...

コミュニティにおける文化って場所じゃなくって人に根付くんじゃないかな、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。本日、私が1件目に住んでいたシェアハウスの同居人たちで集まった。2015年3月ごろに同じシェアハウスで住んでいたメンバーだ。そのメンバーは2月末をもって全員が当時のシェアハウ...

no image
There is Nothing but Something

スカイツリー親善大使和歌山大学代表、イオリンっす!あっいけね、登ったことないやん!スカイツリー、家から歩いて5分くらいなんで、ぜひ登りたいんですが、ひとりで登るのはハードルが高くて機会を逃してるんです...

no image
思いやり

僕は昔から「思いやり」というものを大切にしています。多分中学くらいのころは、「思いやり」では誰にも負けないくらいになろう、と思っていた節があります。「思いやり」といっても大したことをする必要はありませ...

METAL GEAR RISING REVENGEANCEのAR技術がすごくてワクワクする件

皆さんは「METAL GEAR」というゲームシリーズを知っているでしょうか。まぁ知らなくでも問題ありません。最近、このMETAL GEARシリーズの最新作が発売されたんですね。それが「METAL GE...

人間は必ずミスをする、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。人間って完璧じゃない。って言葉にすると「当たり前じゃん!」ってみんな言うと思うんだけどさ。それが仕事になった途端、完璧以上を求めるのは何でなんだろうな、と思う。私なんかはさ。...

Youtubeから出てくる才能の幅がどんどん広がっていきそうなハナシ

昨日の友は今日の大親友♪いおりんです。ようやく音楽の世界でも、「YoutubeでPVを公開」ということが起き始めています。昔から、「ただ良い音楽を広めたいのに、公式がそれを拒否する」というところにすご...