意思決定にもっとも大事なのは「情報」ではなく「ロジック」ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。

この文章は下記の「生産性」という本にインスパイアされて書いております。

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
伊賀 泰代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 63

〜〜〜〜

私は普段から物事を決断することに対して迷うことがほとんどない。ディナーを食べるレストラン、友達と何して遊ぶか、休日の過ごし方、やりたい仕事、就職したい会社、会社を止めるかどうかなど、大小様々あるけれど、そのほとんどで迷うことはない。

そしてその決断で後悔することもほとんどない。むしろ他人に対して「何をそんなに迷うことがあるのだ」と思うことも多い。

それはなんでかなあ、と思っていたのだけれど、原因は「意思決定のロジックがあるから」なのだな、と先述した本を読んで感じた。意思決定に必要なのは「ロジック」と「情報」であり、ロジックさえあれば迷うことなんてそうそうないのだ、と。まー今日はそんなオハナシ。

〜〜〜〜

例えばディナーを食べる店を決めるとき、私は迷わない。なぜなら、レストランを決めるためのロジックが既にあるからだ。私のレストランを決めるためのロジックは以下の通り。

  1. 同伴者がいるなら、まず聞く。
  2. 意見が出れば、それに賛成か反対をする。
  3. 反対して再度、意見が出てくれば繰り返し。
  4. 意見が出てこなくなれば or 「何でもいい」とか言われれば、自分で提案する。
  5. 自分の食べたいモノがあればそれを提案する
  6. 食べたいモノが特にない or 提案しても決まらなければ、歩き回っておいしそうなところに決める。

以上だ。これでほぼレストランは決まる。同伴者がいない場合は、5から始めればいい。私の場合、「おいしそう」および「おいしい」のハードルはめちゃんこ低いので、お店を歩き回ればすぐに決まる。

同伴者がいる場合に、私が最初にやっているのは「情報の洗い出し」だ。自分自身と現在地は決まっているので、あとは同伴者から情報を引き出せば、必要な情報はすべて集まる。そして情報が集まれば、意思決定はとっても簡単だ。なぜなら、そのためのロジックがあるから。どーいう情報が出ればどーいう行動を起こすのか、が決まっているからだ。

〜〜〜〜

これはレストランだけじゃなくって、会社を辞める時だって私も同じだった。前の会社にいたころ、私は「お医者さんから薬をもらったらその日から会社に行かない」と決めていた。そして私は実際に精神科医から薬を処方され、その日のうちに、上司に「明日から会社に行かない」と告げた。

意思決定のためのロジックがあれば、あとはただの条件式だから、迷うことなんてなくなる。例えば買いたい物があるなら、「貯金が○○円以上になったら買う」というロジックを持っておけばいい。結婚だって「年収が○○円以上になったら」「年齢が○○になったら」とか何かしらのロジックを決めておけばいい。

もちろん、その意思決定が間違うことだってある。いつも同じロジックで生きていけるほど、生きていくって半端じゃない。先ほど先述した「レストランを決めるためのロジック」だって、私が色々と失敗した結果、確立したモノだし。

問題なのは、何もロジックを持たずに……もっと言えば、意思決定にはロジックが必要であることすら認識せずに、迷い続けることだと思う。それはとても不幸なことだ。もし自分が迷いがちであるだとか、意思決定のロジックを持っていないとかいう自覚がある人は、意識しておくべきだ。

〜〜〜〜

ちなみに、意思決定のロジックがない人ほど、それっぽい理想論に扇動されやすい気がする。限定的な情報とその情報に偏った意思決定ロジックを同時に与えられるから、元々ロジックがない人は感化されやすくなってしまう。

自分でちゃんと考えて。その上で情報を集めて。そーいうことをしないと、自分の人生を自分のモノにはできないのかも、しれない

ばいびー☆

津島の公園。

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
伊賀 泰代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 63

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

私はもう「仕事で忙しい人生」はやりきったので、もうやりたくない、ってハナシ。

まいど。いおりんです。Blogを書いていると、周りから「いおりんは意識高い系だね」なんて言われてびっくりします。私はいつでもみんなの隣人です。頑張りたくない。私はとにかく、「ストレスのある生活」から逃...

社会人になると感じる「友だちってどんなだっけ」ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。今晩から涼しくなるようで、冬が好きで夏が苦手な私はとても楽しみ。はやく雪が降ればいいのになあ。さて。先日も書いたが、社会人になると、学生だった頃とは明らかに人との付き合い方が...

お金儲けは、人間社会における問題解決の手法なんだ、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。夏が終わった…と思ってたら残暑が続きそうでほんとイヤですね。さて。現在、私の周りには、「会社を辞めて何かを成し遂げてやるぞ!」みたいな人が多い。実際に会社を辞めている人や、会...

新卒って「素人扱いしてよし」の称号みたいだよね、っていうハナシ。

まいど、いおりんでござい。新卒って、「素人扱いしてよし」の称号みたいだよね、と、今日は感じたのでそのハナシをします。日本は「新卒一括採用制度」ってやつを敷いている。新卒者は経団連の「よーいドン!」とい...

IT知識を常識としている人たちと、そーじゃない人たちとの知識格差のハナシ。

まいど、いおりんでござい。なんかもう、夜なんかは寒くなってきて「嬉しいけど、あれ、まだ8月やんな?」という現象が起きておりますね。さて。皆さん、「クラウド」って知ってます?正式に言えば「クラウドコンピ...

2014年12月14日の総選挙で私は投票しません、というハナシ。

まいど!いおりんっす!本日、2014年12月14日は、総選挙の日ですね。最初にハッキリと意思表明させていただきますが、私は今回、投票に行きません。なぜかというと、今回の選挙に、憤りに近い不満を抱いてい...

リモートワークにおいては「雑なコミュニケーションの場」を用意したほうがいいかも、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。私は「リモートワーク」が好きだ。学生の頃から憧れてきたし、社会人となってからは明確に目指してきた。こんなに文明が発展して、環境さえ整っていれば地球の反対側ともタイムラグ無しで...

詩のような何かのハナシ。

まいど、いおりんでござい。最近、一人でこちょこちょと詩のような何かを書きためています。近いうちにどこかで、いわゆる詩集に近いモノを、ブログなのか写真なのかは分からないけれども、公開できる場所を作って公...

ココロの傷って、そーカンタンには消えないよね、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。現在、イオリンは地元、関西へ帰る新幹線に乗りながらのんびりしている。さて。私は2015年12月〜2016年1月現在まで、ちょっぴり無茶が必要な仕事を請けた。正確に言えば、「少...

no image
かっこわるいナルシスト

僕の中では、「人間は汚くて当然」という考え方があります。完璧な人間なんてこの世にはいなくて、卑怯で、カッコ悪い部分が必ずあるはずです。人類みんな兄弟になんてなれないし、嫌いな人間がいない人間なんていな...