意思決定にもっとも大事なのは「情報」ではなく「ロジック」ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。

この文章は下記の「生産性」という本にインスパイアされて書いております。

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
伊賀 泰代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 63

〜〜〜〜

私は普段から物事を決断することに対して迷うことがほとんどない。ディナーを食べるレストラン、友達と何して遊ぶか、休日の過ごし方、やりたい仕事、就職したい会社、会社を止めるかどうかなど、大小様々あるけれど、そのほとんどで迷うことはない。

そしてその決断で後悔することもほとんどない。むしろ他人に対して「何をそんなに迷うことがあるのだ」と思うことも多い。

それはなんでかなあ、と思っていたのだけれど、原因は「意思決定のロジックがあるから」なのだな、と先述した本を読んで感じた。意思決定に必要なのは「ロジック」と「情報」であり、ロジックさえあれば迷うことなんてそうそうないのだ、と。まー今日はそんなオハナシ。

〜〜〜〜

例えばディナーを食べる店を決めるとき、私は迷わない。なぜなら、レストランを決めるためのロジックが既にあるからだ。私のレストランを決めるためのロジックは以下の通り。

  1. 同伴者がいるなら、まず聞く。
  2. 意見が出れば、それに賛成か反対をする。
  3. 反対して再度、意見が出てくれば繰り返し。
  4. 意見が出てこなくなれば or 「何でもいい」とか言われれば、自分で提案する。
  5. 自分の食べたいモノがあればそれを提案する
  6. 食べたいモノが特にない or 提案しても決まらなければ、歩き回っておいしそうなところに決める。

以上だ。これでほぼレストランは決まる。同伴者がいない場合は、5から始めればいい。私の場合、「おいしそう」および「おいしい」のハードルはめちゃんこ低いので、お店を歩き回ればすぐに決まる。

同伴者がいる場合に、私が最初にやっているのは「情報の洗い出し」だ。自分自身と現在地は決まっているので、あとは同伴者から情報を引き出せば、必要な情報はすべて集まる。そして情報が集まれば、意思決定はとっても簡単だ。なぜなら、そのためのロジックがあるから。どーいう情報が出ればどーいう行動を起こすのか、が決まっているからだ。

〜〜〜〜

これはレストランだけじゃなくって、会社を辞める時だって私も同じだった。前の会社にいたころ、私は「お医者さんから薬をもらったらその日から会社に行かない」と決めていた。そして私は実際に精神科医から薬を処方され、その日のうちに、上司に「明日から会社に行かない」と告げた。

意思決定のためのロジックがあれば、あとはただの条件式だから、迷うことなんてなくなる。例えば買いたい物があるなら、「貯金が○○円以上になったら買う」というロジックを持っておけばいい。結婚だって「年収が○○円以上になったら」「年齢が○○になったら」とか何かしらのロジックを決めておけばいい。

もちろん、その意思決定が間違うことだってある。いつも同じロジックで生きていけるほど、生きていくって半端じゃない。先ほど先述した「レストランを決めるためのロジック」だって、私が色々と失敗した結果、確立したモノだし。

問題なのは、何もロジックを持たずに……もっと言えば、意思決定にはロジックが必要であることすら認識せずに、迷い続けることだと思う。それはとても不幸なことだ。もし自分が迷いがちであるだとか、意思決定のロジックを持っていないとかいう自覚がある人は、意識しておくべきだ。

〜〜〜〜

ちなみに、意思決定のロジックがない人ほど、それっぽい理想論に扇動されやすい気がする。限定的な情報とその情報に偏った意思決定ロジックを同時に与えられるから、元々ロジックがない人は感化されやすくなってしまう。

自分でちゃんと考えて。その上で情報を集めて。そーいうことをしないと、自分の人生を自分のモノにはできないのかも、しれない

ばいびー☆

津島の公園。

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
伊賀 泰代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 63

 - 所感・主張

  • follow us in feedly
  • follow us in rss
  • URL:

著者: イオリン

平成元年生まれ。奈良に生まれて青年時代を関西で過ごす。ITとデザインを勉強して上京しITベンチャーに就職するが、「もっと楽しいことをしたい」と退職。社会人生活をゼロからのリトライ中。見た目はダンディ、心は永遠の15歳。

新しく書いたら、FacebookやGoogle+でお知らせしてます。よければどーぞ。

  関連記事

報酬設定を間違うと、思った通りの結果が得られない、ってハナシ。〜業務システム開発を例に〜

まいど、いおりんでございー。昨日は、「社会制度の管理人は、(本来の顧客であるはずの)国民のためを考えなくても食いっぱぐれない」という、なかなか刺激的なことを言っちゃいました。関連: 今のお国の制度を管...

仕事におけるWinとLoseとなぜそんなハナシになるのかってハナシ。

まいど、いおりんでござい。このエントリを書き始めているのは6時15分…って書くと早寝早起きみたいだね。相変わらずの昼夜逆転でございます。今まだ、昼夜逆転しちゃってる要因の仕事をしている最中なので、それ...

人生を詰むって、どういうことよ、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。そもそも「人生を詰む」ってどういう状態なんだろう。みんなも冷静に考えてみて欲しい。よく、「フラフラしていると人生を詰む」だとか、「ニート生活をずっとしていたら人生を詰む」だと...

売りたい人と買いたい人が身近になる、でも組織も必要だよね、ってハナシ。

Happy, Christmas! みんなのトナカイ、いおりんです。今日もソリが重いぜBaby!最近は、TimeTicketというサービスでよく人と会っている。この前、別記事も書いたけど、昨日は、公式...

たとえ失っても「ま、いっか」で済ませられるものは何ですか、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。今は熱海の温泉宿で優雅にキーボードを叩いています。温泉最高だね。私は基本的に、「失って困るモノなんて、ほとんどない」と考えています。失ったときに「ま、いっか」で済ませられるも...

顧客満足度に大切なのは仕事の質や量じゃなく顧客の期待度を下げることってハナシ。

まいど、いおりんでござい。今読んでいる本で、「顧客満足度に大切なのは仕事の質や量じゃなく、顧客の期待度を下げること」という言葉が出て、目から鱗が落ちる思いになった。なるほど!と。言われてみればそんなに...

イケイケな感じのシェアじゃなくって自然体としてのシェアが拡がる、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。私は現在、シェアハウスに住んでいるんだけれど、よく「なぜシェアハウスに住んだの?」と聞かれる。私がシェアハウスに住みはじめた理由はとってもシンプルで、「1人暮らしってなんか勿...

マイナンバーはそんな便利じゃないけどセキュリティ的には怖過ぎる、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。兄の結婚式が終わりました。1年以上かけた計画だっただけに、とても盛大なモノでした。まぁ、私は結婚式がコントに見えてしまうので、「こんな手のかかったアイテムの数々、すごい!」み...

no image
遠くに。

遠くにいる人を助けたり、遠くの人に何かを伝えたりするのってどうすればいいんでしょうね。近くにいる人に対しては、何かしら出来ることはあると思うんです。悩みがあれば聞いてあげたり、とにかく話をして気を紛ら...

株式会社の形態に私は合わないかもしれない、ってハナシ。(社会不満足を読んで)

おっす、いおりんです。年末、みんなはブリッジしてる?今、乙武さんの対談本「社会不満足」を読んでいます。対談本って、2人の人生の軸がぶつかるから、気付きが本当に多いんだよね。社会不満足 ―乙武洋匡 対談...