所感・主張

「ソーシャル」の可能性はこんなもんじゃない、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 ここ最近の私の注目キーワードは「ソーシャル」だ。ソーシャルという言葉は2010年頃にトレンドであったが、現在(2017年)ではもはや過去の概念になりつつある。 けれども、私は現在(2017年)において、ソーシャル…

「イオリン雑記」を作ったハナシ。

まいど、イオリンでござい。 最近、この「手記」とは別に「雑記」というブログを作ろうかな、と考えていた。 元々、この「手記」は、Twitterの延長としてはじめた。なんだか書きたいことが出てきたけれど、Twitterに書くには短すぎる…そんな…

「生産性」という言葉はわかりづらいので「効率」とかそーいう言葉を使った方がいいんじゃないかい、というハナシ

まいど、イオリンでござい。 今日は「生産性」という言葉はわかりづらいので「効率」とかそーいう言葉を使った方がいいんじゃないかい、というハナシ。 〜〜〜〜 「生産性」という言葉はどうにも勘違いされがちなので、最近私はこの言葉を使うべきじゃない…

押し潰す緊張感よりも、引っ張る緊張感のハナシ。〜映画「セッション」を観て〜

まいど、イオリンでござい。 映画、セッションを観た。ずーっと観たかったんだけれども、「この映画は体力に余裕があるときに見ないとダメだ」と思っていたのでタイミングを伺っていた。やっと観ることができてとても嬉しい。 以後、ネタバレなんかを含みな…

自分の人生に意味を見出せた人間が、意味を見出せずに苦悩してなんとか見つけた生きる方法に対して赤ペンでバツをつけないでほしい、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 先日、Facebookで友人が下記のようなエントリに対してコメントを寄せていた。 参考: 子どもを作るのは、人生最強の暇つぶし|下田美咲の口説き方|下田美咲|cakes(ケイクス) 寄せられているコメントの多くは…

「理想の自分」は本当の自分なのか。〜映画「嗤う分身」を見て〜〜

まいど、イオリンでござい。 先日、「嗤う分身」という映画を見たので、それに関連したハナシをこれから展開しようと思う。ネタバレとかを多分に含むと思うのでそこのところよろしくお願いします。 嗤う分身 [Blu-ray] posted with …

「なんとなく楽しい」をみんなと分かち合いたい、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 私は時々自分を「感情的なものに憧れる論理的な人間」だと思う。 私自身はとても論理的な人間だ。「Aの時B、Bの時C、だからAの時Cだ」というモノの考え方をする人間だ。世の中のほとんど全てをそういうモノだと認識して生…

名は体を表すと言うけれど、表したい体のために名を変えるのもいい、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 私は最近、自分のことを「フリーランス」と名乗ることを意識的に避けている。理由は、一時期フリーランスという言葉が流行ったときに、フリーランス=自分の力でバリバリ働いて稼ぐ人、みたいなイメージがついてしまった気がして…

人との繋がりが密接になるほどコミュニティは閉じられていく、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 私はどちらかと言えば社交性が低い人間だ。既に友人となっている間柄なら仲良くできるんだけれど、そうじゃないならあまり仲良くしようと思えないし、「仲良くしたい!」と思えるような人もそんなに頻繁に現れない。大勢がいる場…

プレミアムフライデー自体は下策だけれど、それが施行されたという事実は評価していいんじゃないか、というハナシ。

まいど、イオリンでござい。 今日は初めてプレミアムフライデーが施行される日ということなので、このあたりに関して思うことを取り留めもなく書き連ねていきます。 まず皆さん、プレミアムフライデーって知ってますかね。プレミアムフライデーとは、ざっく…

インターネットを使うことで人と人との関係がもう少し楽しいものにできないかな、と思うハナシ。

まいど、イオリンでござい。 最近、インターネットに関する興味がとても強くなってきた。端的に言えば「インターネットを使って人々の関係性をもっと面白くできないか」ということだ。 1つは、Facebook創始者であるマーク・ザッカーバーグ氏に関す…

「ささいなこと」が共有されてこそインターネットコミュニティの品質は高まるってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 私は大学生の頃、「ライフログ」というモノを研究していた。ライフログとは、その単語の通り、「人生の記録」だ。カメラとかマイクとかGPSとかを組み合わせる事で人生のすべてをデジタルデータ化し、管理することをライフログ…

品質の悪いWebページが評価されてしまっているせいでインターネットの品質が低くなっている、ってハナシ。

まいど、いおりんでござい。 私は2015年くらいに「ほぼ毎日ブログを書く!」と決意した。「ほぼ」というところがとっても私らしいところなんだけれども、まぁちょっと無理してでも毎日何かしら文章を書こう、と。それでなんか見えてくるものがあるんじゃ…

少なくとも私の周りではSNSは一度目の死を迎えた、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 私はSNSが好きだ。特にFacebookが好きで、次にTwitterも好きだ。2009年頃にTwitterをはじめた記憶があるけれど、あの頃はとてもワクワクしたものだ。Facebookが出来た当初もワクワクして、…

意思決定にもっとも大事なのは「情報」ではなく「ロジック」ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 この文章は下記の「生産性」という本にインスパイアされて書いております。 生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの posted with amazlet at 17.02.14 伊賀 泰代 ダイヤモン…

人間はみんなクズなんだから、好きに生きればいい、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 今日はちょっとマインド的なことを書こうかと思います。 私は基本的に「人間ってクズ」だと思っています。 私だってもちろんクズだし隣人も恋人も両親も赤子も、須くクズだと思っています。まぁここで「あれ、この人が言ってい…

仕事時間を仕事に100%使い切っているから、生産性があがらないのでは、というハナシ。

まいど、イオリンでござい。 今日はなんかお仕事の生産性について話そうかと思います。下記の本にインスパイアされて書いています。 生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの posted with amazlet at 17.01.2…

歴史という名のノンフィクションストーリーのハナシ。〜映画「沈黙 —サイレンス—」を観て。〜

まいど、イオリンでございー。 「沈黙 —サイレンス—」という映画を見た。遠藤周作氏が書いた同名の「沈黙」という小説を原作にした映画だ。 以下、これについてネタバレを含むであろう書き物を認(したた)めるので、避けたい方はどうにか避けてください…

「○○したらケツしばく」っていう企画のハナシ。

まいど、イオリンでござい。 最近、横浜へ出稼ぎに行くときに良く使っているスターバックスがあるんだけれど、ここの店員にめちゃんこ美人なお姉さんがいて、油断すると惚れそうになります。これが私の好きなタイプだったのか、と思ったけれど、友人も「あの…

「便利なモノ」より「使ってて楽しいモノ」がいい、ってハナシ。

まいど、イオリンでござい。 iPhoneアプリを見ると顕著なんだけれど、最近のITのソフトウェアって、「実用性」にばっかり目がいっている。何かしらの「目的」があって、その目的を達成するために一直線のモノ作りをしている。 メモアプリなら「メモ…