私はイオリニストになりたい。

私は肩書きというものは、能力ではなく、立ち位置だと思っている。だから、肩書きにはあまり興味がない。

私は何かの職のスペシャリストである前に、「自分を動かすことのスペシャリスト」になりたいからだ。これは先日の、武井壮さんの生き様をインスパイアしている。

 

名乗るなら、「イオリニスト」だね。これなら語呂も良いし、言われると面白い。「イオリニストのいおりんです」って、アホさ加減がとてつもなく面白い。面白いし、うまく表している気がして、気に入っている。

私は「何をしているの?」と聞かれると、ちょっと困る。働いている時も、他の人から見ると「IT系技術者」なんだろうけど、私は自分ではそう名乗りたくない。それは、今たまたまやっているだけであって、私はそれの専門家じゃないからだ。

 

1つのことだけをやり続けることは素晴らしい。素晴らしいけど、私はそれじゃ飽きてしまう。

私としては、特殊技能がいっぱいあるけど、基本的には「イオリニストだぜ」というスタンスで行きたい。私が興味を持てば、経験がなくても挑戦してみたい。沖縄で家とかみんなで建てたい。

 

みんなも、みんなだけの肩書きを考えてみると、楽しいかもしんないよ。ほなね〜♪

なんばで飲み歩くイオリニスト、いおりん。

なんばで飲み歩くイオリニスト、いおりん。