no-image

若者が投票率を100%したくらいでは、政治を変えることはできない(多分)

「2019年現在の日本で、若者が政治を変えるのって相当厳しいよね」という話を、します。

ここでは「若者」は「40歳未満」としておきます。


2019年7月21日(日)に、日本では参議院議員の選挙がありました。

選挙が近づくと、「若者もっと投票しろ」とか「消費税増税を止めろ」とか騒ぎだす方々がTwitterなどで大勢出てきますね。ただ、オイラは基本的に「選挙という制度で若者が政治を変えるのは厳しい」と思っています。

理由は簡単で、「若者の数が少ないから」です。

2019年1月における日本の人口は下記の通りです。

- 総人口: 1億2631万人
- 00-19: 21,265,000
    - 00-04: 4,820,000
    - 05-09: 5,167,000
    - 10-14: 5,389,000
    - 15-19: 5,889,000
- 20-39: 2,7056,000
    - 20-24: 6,350,000
    - 25-29: 6,176,000
    - 30-34: 6,888,000
    - 35-39: 7,642,000
- 40-59: 3,4785,000
    - 40-44: 9,001,000
    - 45-49: 9,710,000
    - 50-54: 8,425,000
    - 55-59: 7,649,000
- 60over: 4,3211,000
    - 60-64: 7,586,000
    - 65-69: 9,220,000
    - 70-74: 8,319,000
    - 75-79: 7,020,000
    - 80over: 11,066,000

参考: [総務省による人口推計](https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html)

ざっくりいえば、20〜39歳の人は2700万人。40歳〜59歳の人は3500万人。60歳以上の人は4300万人いるのです。

そして日本の選挙とは「多数決」であり、なおかつ国会も「多数決」なので、この人口の差は、ほぼ「戦力の差」と言えます。若者と呼ばれる世代は、兵力が1/2〜3/4程度ほどしかない状態で、他の世代と戦わないといけないのですよ。

なので、ただ「投票に行こう!」と呼びかけたところで、真っ当に戦っても勝てないのです。


「若者の投票率をあげれば政治を変えられる」という言説も散見されます。

では、2017年の衆議院議員総選挙の投票率と上述の人口から試算してみます(単位は「千人」)。

(2年ほど時期がズレていますがご容赦ください。2019年参議院選の世代別投票率が出たら、計算しなおします。)

- 20-39: 10,742
    - 20代: (6350+6176)x0.3385= 4,240
    - 30代: (6888+7642)x0.4475= 6,502
- 40-59: 20,192
    - 40代: (9001+9710)x0.5352= 10,014
    - 50代: (8425+7649)x0.6332= 10,178
- 60over: 28,204
    - 60代: (7586+9220)x0.7204= 12,107
    - 70代以上: (8329+7020+11066)x0.6094= 16,097

参考: [2017年衆議院議員総選挙の投票率](http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/)

ざっくりいえば、20〜39歳の人は1100万人。40歳〜59歳の人は2000万人。60歳以上の人は2800万人いるのです。

この試算からすると、「20〜39歳の投票率が100%になったとしても、現状の60歳以上の投票数には勝てない」という厳しい現実に直面します。現状の40〜59歳に勝つ場合でも、20〜39歳が必要な投票数は「75%」です。

おまけに、彼らはまだ余力を残しているのです。全力で戦っても勝てない。。と絶望しているところに、

「変身をあと2回もオレは残している……その意味がわかるな?」

と言われているようなものです。

この時点で「若者が投票率をあげただけでは、政治は変えられない」と言っていいとオイラは思いました。


選挙になると毎回にように「若者がもっと投票率をあげるべきだ」「若者が投票しないから損をするんだ」ということを言う人たちがいるのですが、上記の現状を見ていると「ひでぇ話だなあ」と思います。

ひでぇ話だなぁ、と思ったところで、「法律=国の運営の仕組み」を考えるのも国会なので、若者がその仕組みを変えることもできないのです。国会も多数決ですから、若者支持者=少数派がどう足掻いたところで多数派に勝つことはないのです。

なので、「若者が日本の政治を変える」には「投票率をあげる」とかに頼ってはいけないのです。むちゃくちゃに考えて、徹底的に計画を立てて団結して、「政治を破壊する」くらいの姿勢でいないと、若者が日本の政治を変えることはできません。「選挙」という枠組みの中であがいても意味がないのですよ。


実はこの文章を書き始めた時は、「若者の投票率をあげるのって、徐々にあげるのではなく、ゲリラ的に『いきなり90%』みたいなことしないと勝てないよね」ということを書こうと思っていました。

ところが、試算すると「そんなことをしても無理なもんは無理」だったので、ちょっと信じたくないなあ、と思いました。

もちろん、これは単純な数字だけを見た、「平坦に見た現況」なので、局所的にはいろんな例外が潜むと思います。。が、逆に言えば、そーいう「局所的な例外」を駆使しないと勝てないよ、ということでもあるので、なかなか絶望的な戦いを強いられているなあ、と思いました。

何か計算が間違っていたら是非言ってください。。