no-image

Wanna Be Loving or Loved?

愛は、「愛する」と「愛される」に二分されます。

わたしにとって大切なほう、大事なほうは、「私がその人のことを愛していること」なんですね。

そりゃあ、愛されていることはすごく幸せで、嬉しいです。私が愛している人が、その人が、私を愛してくれること。それはすごく、素敵で幸せです。

でも、それよりも、「私がその人のことを愛している」ということのほうが、重要。

その人が私のことを嫌いだったとしても、それで「じゃあ私もその人のことを愛さない、好きじゃない」って、なれないんですよね、私は。そこが、好きじゃなくなる、愛さなくなるトリガーにならない。諦めるトリガーにもならない。

愛する人が私のことを嫌いでも、それはもう、仕方ないよねって。私はその人のことが好きなんだし。「それでも僕は君が好きだよ」って思います。それは、それでいいんじゃないかなぁ。

なんか、周りの話を聞くと、「じゃあ、将来はどうするの?」って言われるけど、それは重要じゃないんですよね。一緒。それでも僕は君が好きだよって。思います。

その人が自分のことを嫌いだから、他の誰かのことを好きだから、なんてことで、じゃあ私も嫌い、好きじゃない、ってのは。なんかさみしいなあと思うんですよね。