いおりんがフリーランスになるまでのハナシ。Vol.4 〜フリーを選んだ理由は〜

まいど、いおりんでござい。最近、amazarashiというミュージシャンが好きです。歌詞に癖はあるのに、なぜかJ-POPとして成り立っているんだよね。

さて。今回は、「いおりんがフリーランスになるまでのハナシ」シリーズの第4弾。

1回目: いおりんがフリーランスになるまでのハナシ。Vol.1 〜ベンチャー企業に入社して〜 | イオリン手記
2回目: いおりんがフリーランスになるまでのハナシ。Vol.2 〜大炎上案件時代〜 | イオリン手記
3回目: いおりんがフリーランスになるまでのハナシ。Vol.3 〜人の心は過労になると〜 | イオリン手記

2014年10月15日に私は休職をはじめた。休職をはじめた、ってなんか変だネ。あっはっは。そのまま3ヶ月間ほど休職して後、退職届を提出して私の会社員時代は終わりを告げた。

〜〜〜〜

2014年10月15日から2015年1月15日(多分)までの休職期間、私は何をしていたか。

自分のこれからのことを考えた。自分は元々何がしたかったんだっけ。どーいう生活をしたいんだっけ。何に対して、自分は楽しさを覚えるような人間だったっけ。今まで、とにかくケツを叩かれて走り続ける馬車馬のような働き方をしていたけれど、はたしてソレって幸せなの?楽しいの?自分が求めていたモノなの?いつのまにか刷り込まれていたモノなの?

一人旅にも出た。知らない人とも会った。本も読んだ。映画も観た。色んな価値観に触れようと考えた。貯金だけで言えば節制すれば半年は生きられたので気長に構えながら、とにかくしっかり、自分の心を掘り下げていった。

そーいったことを考えてはブログに書いていった。もうここからはブログに色々書いているのでそちらに任せようと思う。

関連: 「常識」とされている自己犠牲当然の労働環境には、抗いたい。 | イオリン手記
関連: 「成長」ってなによ?ってハナシ | イオリン手記
関連: 仕事選びは若いうちにどんどん失敗しちゃえ♪ | イオリン手記
関連: 武井壮さんの「自分が自分を思い通りに動かせるように」のハナシについて | イオリン手記
関連: 自由を阻むのは能力不足なんかじゃなく、何かしらの「枷」なんじゃないか、ってハナシ。 | イオリン手記
関連: やりたいことで、やってもいいことを、なぜやらないの、ってハナシ。 | イオリン手記

(余談だけれど、この時期のエントリは最近のエントリとはまた違う面白さがあると思う。1年半の会社員時代で溜まりに溜まったストックを吐き出すことが止まらない感じ。今とは違う勢いがあると思うんですが、どーでしょ。)

そして私は、「会社というモノに所属していては、きっと自分のやりたいことはできない」という結論に至った。

〜〜〜〜

私は、やりたいことが余りにも多過ぎたんだよね。

プログラミングという仕事も少しはやっておきたいけど人生をそれで終えるのとか嫌すぎるし、人前で喋る仕事もやってみたいし、デザインだってしてみたい。何か新しいモノを企画したり、誰かの企画を評価したりとか、そーいうこともしたい。本も書きたい。

どこかの会社に所属することによって何年もやりたいことを我慢するのとか嫌だと感じた。

それに、「社会的に大きい仕事」というモノに興味が持てないことも要因のひとつだね。つまるところ、私は社会全体が良くなることなんかよりも、自分の周りにいる大好きな人たちの世界が良くなることを目指したいんだよね。そのためには、株式会社に所属するのは良い手だとは思えなかった。

それよりも、自分で楽しい仕事を取捨選択して、楽しい仕事をいくつもいくつもやってやろう。そう考えた。

関連: 株式会社の形態に私は合わないかもしれない、ってハナシ。(社会不満足を読んで) | イオリン手記
関連: 1つの仕事だけで生きていかないといけない理由なんてないよ、ってハナシ。 | イオリン手記

もちろん、仕事以外にもやりたいことが多すぎる。世界を旅してみたいし日本中も旅してみたい。沖縄にも住んでみたいし長期間の船旅をしたい。カラオケに通いたいしギターも弾きたいし三味線も弾きたい。民謡も習ってみたい。

よく「会社に入るとなかなか旅行とか行けないから学生のうちに行っとくべきだよ」みたいなハナシを聞くけど、アホ過ぎると思った。それなら会社に所属しなくても生きられるようになって、遊びもやりまくってやる。

〜〜〜〜

そして2015年1月、私は正式に退職届を出して会社を辞めた。転職活動も一切しなかった。

関連: 退職届を出したハナシと、これからについてを軽くおハナシ。 | イオリン手記

ブログは会社を辞めてからも書き続けて今に至る。

仕事は、会社を辞めたと聞きつけた知り合いの方が紹介してくれた。自覚はないんだけれど私のエンジニアとしての開発力を買ってくれて、今でも仕事を頂いている。本当にありがたい。

それに、会社を辞めてから鎌倉に引っ越したんだけれど、鎌倉でできた知り合いからも仕事を頂いている。「喋りの仕事をしてみたい!」なんて言ってみたらラジオに出ることもできるようになった。びっくりだネ。

関連: ついにラジオに出ました、ってハナシ。 | イオリン手記

よく、「フリーランスになってどーやって仕事をとってるの?」と言われるんだけれど、私の場合、たまたま私を必要としてくれている人がいただけなんだよネ。よく「これからは人脈が大事」なんて言われているけれど、今の私は本当にソレを実感するネ。私のような変人をよく必要としてくれますよネ。

〜〜〜〜

かくして、イオリンはフリーランスになったとさ。ちゃんちゃん☆

会社員時代に行った場所よりも、休職期間の3ヶ月間に行った場所のほうが多いイオリン。

会社員時代に行った場所よりも、休職期間の3ヶ月間に行った場所のほうが多いイオリン。

ばいびー♪