Stand Alone

「おもしろき こともなき世を おもしろく」いおりんです。かっこいいねぇ。この場合の「世」っていうのは、きっと世間のことなんだろうなぁ、と勝手に思っております。でも人の辞世の句に、あまり茶々入れるのも野暮ってもんですな。

私ってこれまで、組織の「トップ」になるのはずっと拒み続けていました。 まずめんどくさい。自分には、人をまとめ上げる力があまり無いし、実を言うとそこまで好きじゃない。「三々五々に生きていこうぜ!」って考えてるので、「来たい人だけ来たらいいじゃん!来たくなければ来なけりゃいいじゃん!」って。来たくない人まで無理にまとめ上げるのは悪いんだよね。

組織に属しても、基本的には「縁の下の力持ち」のポジションに収まる。「こいつといるとやりやすいな」って思われたいからね。私の組織での原動力ってそこなんですよ。仲良くなりたい人にて「こいつとやると楽だな!」って思われたい(笑)。永遠の2番手、ルイージでいたいのよ。

でも、それじゃ「やりたいやつらで、やりたいことをやる」ができないんだよね。仕事にしろ遊びにしろ、それが一番だと私は思うの。思っちゃうの。この2つってそもそも同じモノだとあたしゃ思うけどね。この2つを分けるものなんて無いんだよね。どっちも楽しむべきこと。おんなじのはずなんだよね。でも、世間の皆様は真面目だから。仕事は「やりたくない人とでも、やらないことでも、やらないといけない」なんつーんだよね。ナンセンスだよ。

ま、「やりたいやつらで、やりたいことをやる」ってのも簡単に選べないけど、目指すんならしっかり頭使わないとな〜ぁ、って思って、考えるのが、最近の私の頭ん中です。とりあえず、「独り立ちできるようになる」が最低限なんだろうね。組織に属しても良いけど、独り立ちしている状態になりながら、その傍ら、組織に席を置く、ってカンジで。

独り立ちするための準備に何がいるか。今はそれを探っています。なんかアドバイスとかあれば聞いてみたいな。インタビューとかしてみたいね。そんなことを考えながら台風の夜を過ごしています。
 

こいつ独り立ちしてるな、思わずパシャリ
堂々と生きているね!こいつのようになりたい