no-image

かっこわるいナルシスト

僕の中では、「人間は汚くて当然」という考え方があります。
完璧な人間なんてこの世にはいなくて、卑怯で、カッコ悪い部分が必ずあるはずです。

人類みんな兄弟になんてなれないし、
嫌いな人間がいない人間なんていないと思っています。
ましてや、完璧な人間なんているはずがないと思っています。

こんなこと書いていますが、別に「そんな社会なんて最低だ」というような、
そういう悲観的なことを考えているわけじゃありません。

むしろ僕は、人間のそういうカッコ悪いところが大好きです。
普段カッコつけて、立派に振る舞っているけど、
なりきれず、挫けたり苛立ったりする姿が大好きです。

何にも弱いところがない、完璧超人なんて面白くもなんともないです。
それより、時には挫けて落ち込んで、でも必死に頑張っている人間のほうが、
ずっと人間らしいし、ずっと面白いし、ずっと美しいと僕は思うんですね。

だから皆さん、カッコ悪い姿をみんなに見せろとは言いませんが、
カッコ悪い自分を否定せず、受け止めてください。
カッコ悪い部分を持っている人ほど、カッコつけたときはカッコいいもんだと思います。

ちなみにこんなこと言ってますが、あまりにも卑怯だったりカッコ悪すぎる人は嫌いです。
カッコ悪い人が好きなんじゃなくて、カッコ悪いけどカッコつける人が好きなんです。
恥やプライドを持つことは大事だと僕は思います。